FC2ブログ

ふじのくに静岡通訳案内士の会

通訳案内士の仕事および観光情報を発信しています。 お問い合わせはshizuoka-guide@e-mail.jpまで

12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

玉露名人・東平さん宅訪問 

12月某日、久しぶりに玉露名人の前島東平さん宅に伺わせていただきました。
お世話になっている、そふと研究室坂野さんと千代田タクシー加藤社長
お誘いいただき、この度新築されたばかりのお宅訪問でした。

IMG_0021.jpg

玄関前には、「もてなし農家 東平玉露茶ばら」の看板が。
ここ岡部町の朝比奈玉露は、宇治、八女と並ぶ日本三大玉露のひとつ
東平さんが心を込めてつくった玉露は、なんと
紅茶で世界的に有名なマリアージュのセレクションのひとつになっているんです。
IMG_0003.jpg

玄関にはこれまでのお茶のコンテストなどでいただいた賞の数々が飾られていました。
賞をいただくことも喜ばしいけれど、十段の茶名人の方や和菓子屋さんなどに、
信頼の一言を寄せられたことが何より嬉しかったそうです。

IMG_0002.jpg     

新築のお宅はとにかく素晴らしかったのですが、とりわけ、
玄関横のお部屋の壁に設えられた「富士山」には見入ってしまいました。
漆喰にはお茶の葉が混ぜ込まれているそうです。本当に素敵です。

IMG_0006.jpg    IMG_0009.jpg

IMG_0014.jpg         IMG_0012.jpg

この富士山の間で、極上のひと滴をいただきながら、
東平さんの笑顔とお話に癒された贅沢な時間を過ごさせていただきました。
楽しい時間は経つのが早いものだと、つくづく思いました。


東平さんが静岡のローカル番組「しょんないTV」に出演されたお話も飛び出し、
「2013しょんないMVT大賞」候補にノミネートされているらしく、
「是非投票して(笑)」と言われました。
「今年しょんなかった人への投票だよ!?」と突っ込まれていましたが、
「それでもいいだよ」と笑顔で答えるお茶目で素敵な東平さんでした


投票画面がこちらですので、よろしければ23日まで受付らしいです(笑)↓↓↓
http://www.satv.co.jp/0300program/0040shonnaitv/mvp/index.html

注)「しょんない」とは、静岡弁で「どうしようもない」という意味です。


お茶の栽培や製造についての貴重なお話から、とりとめもない冗談まで
実り多き時間となりました。
東平さん、癒しの空間・時間をありがとうございました。
そして坂野さん、加藤社長、お誘いくださってありがとうございました。
また次回お会いできる機会を楽しみにしています♪

by Hiro


* 上記に記載の人物名・写真については、ご本人の承諾を得て掲載させていただきました。

スポンサーサイト



静岡茶  :  trackback --  :  comment 0   

茶のまちSANPO♪ 

梅雨の晴れ間の6月初旬
昨年、世界お茶まつり「茶商ツアー」でもお世話になった
『そふと研究室』さんが企画された「茶のまちSANPOツアー」
友人と供に参加しました

茶どころである静岡茶町周辺のウォーキングツアーです。
一般にはなかなか解放されない「静岡茶市場」を見学

この時期は県外の二番茶の競りでした。
写真はその様子ですが、
農協などを含む生産者さん  → のキャップ
荒茶の購入者である茶商さん → のキャップ
仲介者である静岡茶市場職員、→ のキャップ
3者の立場はキャップの色ですぐわかります。 

         茶市場①  

拝見盆と呼ばれる黒いお盆に、サンプルの荒茶
ずら~っと並んでいます。
手で直接触って重さや形状、色を見たり、
鼻にお茶がついてしまうほどに近づけて香りを確かめる
検茶を真剣に
行っていました。
取引が始まると、「チャチャチャっ」と手拍子があちこちから。
これは取引成立の合図です
お忙しい中、説明してくださった増田社長(写真左)、ありがとうございます 

         茶市場②       茶市場③

片隅では、検茶碗に荒茶と熱湯を入れて
味や香りを確認する作業も行われていました。
私たちもちょっと真似させていただきました

その後、個性の異なる茶商さんを3件、訪問しました。
最初が『前田金三郎商店』さん、
ご説明くださった前田冨佐男さんは「TVチャンピオン」の初代お茶通王です
製茶工場を詳しくご説明くださいました。
また、お茶に合うお菓子の研究も始められ、
いろんな種類のお茶フレーバーが楽しめる「茶っふる」が大人気です
とにかく食べて驚きますから、一度お試しあれ 
  
        ちゃっふる

次に、『小島康平商店』さんを訪れました。
ここでは、「山のお茶」と呼ばれる本山茶を各種
テイスティングさせてくださいました
普段こんなに高級なお茶を飲み比べるなど、なかなかできるものではありません
このお店には日本に5人しかいない「茶師十段」の鈴木義夫さんがいらっしゃり、
そのブレンド茶を購入できます。
深蒸し茶が人気と言われますが、低めの湯温で淹れる本山茶の甘みはとても贅沢で、
リラックス効果は抜群だと思いました

     本山茶サンプル        本山茶テイスティング

最後に訪れたのは『山壽杉本商店』さんです。
ここは「ほうじ茶」にこだわり抜くお店でした。
一番茶のみを贅沢に使用し、三通りの炒り方で焙じたものを
更に焙煎黒ごまを加えてコクを出した奥深い薫り・・・
ほうじ茶好きにはたまらないと思います
また、パッケージにもセンスとこだわりが光っていました 

   焙じ茶      焙じ茶パッケージ

朝8時からお昼頃までのふらっと茶のまちSANPO
大型バスツアーでは決して味わうことのできない贅沢、
友人共々「大人女子」の心を満たしてくれる
そんな癒しのひととき
でした
そふと研究室の坂野さん、本当に素敵な企画をありがとうございました!!

                                   by Hiro

静岡茶  :  trackback 0   :  comment 0   

桃源郷へ 

日本茶インストラクターの遠足に行ってきました
その中から少しご紹介します。
まずは・・12月に玉露タクシーに乗って訪れた前島東平さん
"東平玉露" を再び味わってまいりました!
味はもちろん、東平さんの変わらない「おもてなしの心」に
癒されました 東平さ~ん、ぜひまた伺いま~す

それから 静岡市小布杉のMさんのお宅訪問
お茶の名産地のいくつかは、携帯が圏外のところが多いのですが、
ここも例外ではない、そんな"桃源郷"を訪れました。
kobusugi
(写真がぼけてしまいましたが
地元の食材を豊富に使った美味しいお弁当
うららかな春の風と、心地よいウグイスの声、
山間の静かな旧家の広~い畳敷きの部屋。。。
お昼寝の条件は整った!のですが、そこへ
今年の初物、種子島の新茶が試飲できることに!!

toheigyokuro
これが種子島の「くりたわせ」よりさらに早い
その枝分かれ「松寿(しょうじゅ)」です!
(と、同行されたお茶屋さんにご教授いただきました

静岡のお茶の名産地、ひとつひとつ特徴やこだわりがあって
場所も人も魅力的だな~と幸せな気持ちになりました

by Hiro

静岡茶  :  trackback 0   :  comment 0   

もうすぐ立春 

 もうすぐ立春、今年は2月4日らしいです。
暦の上では春の始まりですね~
静岡人としては、数えちゃいますよ・・立春から「八十八夜
先週の牧の原訪問記に引き継いで、やっぱり私もO-CHAのお話です。

八十八夜に摘んだ新茶は、縁起が良いと言われますね。
そもそもお茶という字を分解してみると・・・あら不思議!
草冠の下は「八十八」ではありませんか!!
そして・・・草冠をさらに分解⇒「十十」=10がふたつで20
ここで計算:88+20=108 
除夜の鐘で鳴らされる煩悩の数?・・No!
八十八歳=米寿のお祝い
九十九歳=白寿(百から一を引くんです)
なんと! 百八歳 =茶寿!でございます♪
お茶を飲んで108歳を超えるまで長生きしましょう!
静岡を訪れるお客様は、よく静岡茶を求めていかれます。
こんなおみやげ話も自国に持って帰っていただけたら、
静岡のPRのひとつになるでしょうか!?

近年、緑茶が欧米でも「健康に良い」とhealth benefitに注目が集まり、
医学的・化学的な根拠も挙げられつつあります。
静岡の小学生は冬場にお茶でうがいをします!!
抗菌・抗ウィルスは知られてますね。その他、血糖値、高血圧の上昇抑制など。
Anti-aging(老化予防)は是非とも期待したいところです!

世界的には発酵茶である紅茶がいちばん親しまれていますが、
日本では、不発酵茶である緑茶が主流です。
緑茶も紅茶も、そして半発酵茶である烏龍茶も
「カメリアシネンシス」という同じ種類の木からつくられているのは
ご存知でしょうか?
発祥の地、中国から伝承する際、「茶」は

陸路:⇒ 広東語系のCha チャ
海路:⇒ 福建語系のTeテ / Tea ティー

と呼ばれるようになったと言われています。
栽培方法や製造方法などの違いから、分類されてはいても、
兄弟みたいなものでしょう。

それぞれの特徴を生かし、ご自分のお好みに合わせた淹れ方を
見つけるのも楽しいですよ♪
特に緑茶の味はその種類によることはもちろん、
①お湯の温度 ②お湯の量 ③お茶の葉の量 ④抽出時間 
で決まります=It depends on your cup of tea(お好みでどうぞ)☆

美味しい淹れ方のポイントで、紅茶にも共通している点は
「最後の一滴」golden dropまで注ぎきること!
ここにいちばんの旨味がギュギュッと凝縮されているんです。

静岡という土地柄、お茶に関して通訳する機会は、
他の地域と比べて多い方なのだと思います。
気がつけば、自分もお茶好きに。。。
そして日本茶インストラクターの資格まで得ることに。。。
しかしながら、「何事も奥が深い!」と実感しています。
それでも、美味しいお茶をいただく度に、
「静岡に生まれてよかった~」とつぶやいています。
FUSIONメンバーはお茶好きが多く、現在アドバイザーの勉強中の者もいるんですよ☆

何度かお仕事でご一緒した方が
「お茶は世界中で、子供からお年寄りまで幅広く飲まれているもの。
 お茶を通じて、これからも繋がっていきましょう!」
とご挨拶されていたのが、いつも心に残っています。

無意識ではあるけれど、日本人の私たちの中には
食後の一家団欒、仕事の間のお茶の時間・・・
「お茶を通して和む風景」         

Just relax over a cup of tea

根付いているんですよね、きっと。
それから、茶道に見られる「一期一会」の精神も。

ほっこりとあったかな気持ちをギュギュッと詰めたおもてなしを
これから出会う方々にお届けできたら、嬉しいです♪
                              

by Hiro

 

静岡茶  :  trackback 0   :  comment 0   

1/21 グリンピア牧之原、お茶の郷  訪問記 

昨夜来の雨の影響で、空はどんよりと鉛色の厚い雲に覆われ、今にも雨が降りそうな雲行きの中、私は菊川の駅に降り立ちました。 ここで愛知県、岐阜県のメンバー総勢7人と落ち合い、Oさん、Nさんの車に分乗して一路グリンピア牧之原を目指すことになりました。実は今回、私は東海中国語通訳ガイドスキルアップ研究会に飛び入りで参加させてもらったのです。

菊川のこのあたりは、去年の駿河湾地震の揺れが一番ひどかった所で、地震の数日後に通った時は屋根をブルーシートで覆った家が散見されたのですが、今はそれも見当たらなくなっていました。東名高速道路と平行するように車は進んで行き、いくつかのアップダウンを繰り返しながら車窓の両側にたくさんの茶畑が広がる牧の原台地の中央部に出ました。このころ悪い予感が的中し、雨が降り出してきました。今はお茶の時期ではないので茶畑は暗い緑の縞模様が連なる殺伐としたたたずまいを見せており、光り輝く新緑の時期を迎えるにはまだ3ヶ月ほどの時間を待たなければなりません。

グリンピア牧之原はこのあたりでは一際目立つ高い、大きな建物で、まるでお茶畑の海に浮かんだ船のブリッジのようでした。グリンピア牧之原は、製茶工場、冷蔵棟、レストラン等の施設からなり、予約すれば係員の方に工場を案内してもらえます。メンバーの皆さん(私以外は女性)は説明を熱心に聞き、メモを取り積極的に質問をしていました。この熱心さはわれわれ男性はかなわないもので、通訳案内士に女性が圧倒的に多いのも頷けることです。

静岡はお茶の生産が日本一で日本の総生産量の約半分を占めており、中でもここ牧之原は静岡最大の生産地になっています。静岡人は日本で一番お茶を飲むとされていますが、私を含めてお茶についてどの程度知っているかと聞かれるとはなはだ心もとない限りです。お茶はその収穫の時期により、新芽の出始める4月下旬の一番茶、順に二番茶、三番茶、9月下旬の四番茶まであるそうです。立春から数えて88日、“夏も近づく八十八夜”の一番茶が品質、値段ともに最高級で、順次等級が低くなり、四番茶になると番茶、ほうじ茶などに利用されます。

茶葉は昔は手摘みされていたのですが、今は特殊な場合を除いてほとんどが機械摘みになっています。茶刈機はアルミフレームと刃にモーターのついた簡単な構造ですが、持ってみるとかなり重く、茶農家の人の重労働が想像されます。家族で茶業を営んでいる農家では、モーターの付いた重いほうをお母さんが、軽いほうをお父さんが持つのだそうです。茶葉の摘み取りを深くなく、浅くなく一定の高さにコントロールするため、軽い側で舵取りをするからです。作業を軽減するため自走式の茶刈機も使われ、その場合はお茶の木はかまぼこ型でなく角型に刈り取られるので一見してわかるそうです。

 刈り取った茶葉は、荒茶工場に送られ“蒸す”“揉む”の作業を受けます。『なぜ蒸すのですか?』という質問に、お茶にはもともと発酵を促す酵素が含まれており、これを蒸すという作業で失活させることによって不発酵の緑茶になるということです。ちなみにこの作業は中国語では“殺青”(中国では釜で煎る)と言われ、非常に短時間で行われます。この作業の良し悪しが茶品質を決めると言っても過言ではなく、30~40秒を浅蒸し、90~120秒を深蒸しと言い、強い風の中で育ち葉の厚い牧の原の茶葉はほとんどが深蒸しされます。お茶には緑茶の他に少し発酵させたもの、完全に発酵させたものがあり、それぞれ白茶、青茶(ウーロン茶)紅茶、特殊なものとして黒茶(プ-アル茶)と称されます。“揉む”は葉に傷をつけ水分を飛ばしやすくするためで、荒茶工程が終わった茶葉はもともとの五分の一の重さになります。再生工場では篩い分けが行われ、茎の部分(茎茶)葉の部分(煎茶)粉の部分(粉茶)に分けられ、適当にブレンドして冷凍保存されたのち包装出荷されます。


ここで正しいお茶の入れ方   

①水は完全に沸騰させる
②60~70度に冷ます
③茶葉にそそぐ
④最後の一滴まで絞りきる

せっかくいいお茶を頂いても入れ方を間違えれば 
美味しく頂けませんね

 



グリンピア牧之原を後にして、お茶の郷に向かいました。お茶の郷は静岡富士山空港に近く、飛行機の待ち時間の利用としては優位な位置にあります。寒いなか中国語担当のAさんが表まで出迎えてくれました。彼女は中国残留孤児の家族として来日され、大変苦労された方です。かつて外国人児童支援の仕事をしていた関係で私は彼女の娘さんを通じて以前からの顔なじみです。今こうして自分の特技を生かして活躍されている彼女の姿を見るのは喜ばしい限りです。


ochanosato_convert_20100126202320.jpg

                              

写真提供:静岡県観光協会


お茶の郷には博物館、茶室と庭園、レストラン等があり、博物館ではお茶の歴史、世界各国のお茶の展示、抹茶作りの体験などができます。茶室は小堀遠州の手による京都伏見奉行官邸と石清水八幡宮瀧本坊の様式を復元したもので、庭園と白壁の向こうに晴れていれば富士山が借景できるすばらしい眺めです。ここで日本茶道の御手前を受けることができますし、着物の貸し出しもあります(ただし別料金500円)。Aさんによると外国人観光客は博物館にはあまり興味を示さないが、茶道と着物は大評判だそうで、これはガイドをやる私たちには大いに参考になりました。レストランで遅い昼食を取りましたが、いくつかの韓国人団体が食事しており、静岡もなかなか国際的になってきたなといった感じでした。

すべての見学を終え、施設の一室を借りて各自がそれぞれ調べてきた事柄についてのプレゼンテーションを行い本日のすべての活動を終了しました。帰路に付くころには明るくなった東の空に富士山がうっすらと姿を見せてくれました。

by 阿栗




                         

静岡茶  :  trackback 0   :  comment 0