FC2ブログ

ふじのくに静岡通訳案内士の会

通訳案内士の仕事および観光情報を発信しています。 お問い合わせはshizuoka-guide@e-mail.jpまで

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

河口湖 

7/5~6に富士五湖巡りをして来ました。その中で今回は「河口湖」を紹介したいと思います。河口湖は東京から中央高速を使えば1時間30分、電車を利用しても2時間30分程度で到着できる場所で高原リゾート地として早くから開発がされた所です。ホテルやペンション等の宿泊施設、博物館や美術館等の文化施設、富士急ハイランド等のアミューズメント施設、温泉施設などがそろった一大リゾート地です。各施設については有名地なのでそれなり説明や案内がたくさん紹介されていますので今回は省略します。今回の私のおすすめポイントは「花」です。河口湖はあまり知られていない(私だけかも?)みたいですが、「花の都」なのです。河口湖ハーブフェスティバルあじさい畑1
春は『芝桜』、夏は『ラベンダーと月見草』、秋は『コスモス』がそれぞれ一面に広がる景色はとてもロマンチックです。ちょうどラベンダーの時期でしたので「河口湖ハーブフェスティバル」を見学しました。場所は八木崎公園です。八木崎公園は浮島の「六角堂」を見られる場所としても有名です。現在は水位が低下して陸続きになっていますね。
六角堂全景六角堂
これも特別なことなので是非徒歩で渡って見てください。(一部沼地化していますので注意してね)ハーブフェスティバル会場には多くの観光バスが止まっていました。中国人観光客の多さには驚きましたが、このフェスティバルをメインにしたツアーバスもあるとのことで盛大さにも驚きました。会場内の見どころはラベンダーとアジサイです。
ハーブ畑ラベンダー畑1あじさい2
一面に広がる紫色の草原とラベンダーのほのかな香りでとても心癒された一日でした。  by 羅
スポンサーサイト



国内観光・日本文化  :  trackback --  :  comment 0   

東西の都を満喫☆ 

2013年、今年も猛暑厳しい夏でした。
夏休みを利用して古都・京都、そして現首都の東京に行ってきました

【京都で印象に残ったのは・・・】
<京の七夕> 
       京の七夕燈籠    友禅流し
ちょうど8月一週目の週末、京都では「七夕」のお祭りが開かれていました。
偶然宿泊した二条城前では、幻想的な友禅流しを見ることができました
また、その夜、二条城にプロジェクションマッピングが映し出され、
多くの人々を魅了しました
伝統ある建造物と現代テクノロジーの融合といった感じです。

<龍安寺>
龍安寺石庭左龍安寺石庭右龍安寺右側の庭 龍安寺池 
石庭が有名な龍安寺。
その脇の緑や木々のある庭も涼しげでした。
本などを持ち込んで一日中座り込んで過ごすのも良いかもしれません
次回はそんな贅沢な時間をとって訪れたいものです。 

     
     京都駅 (京都駅構内)
京都は言うまでもなく日本の伝統文化が色濃く残り、
多くの外国人を惹きつけていますね
そんな中、京都駅は「近代的大聖堂」と呼ばれる構造が
新たな魅力を放ち、多くの観光客を魅了していました。

【東京でのハイライト】
<新歌舞伎座> 
歌舞伎座玄関  歌舞伎座緞帳 歌舞伎座庭園
今年新しくなった歌舞伎座に納涼歌舞伎を見に行きました。
江戸時代人気だった伝統文化は、
現在のポップカルチャーにも通じる点があるな~と感じました
音声ガイド(英語)をレンタルしたので、理解に役立ちました
歌舞伎座内の他の施設、庭園やギャラリー、売店などなど
一日ゆっくり過ごせそうな場所です
是非また足を運んでみたいと思いました。

<はとバス観光> 
 スカイツリー   はとバス
初めてはとバスに乗ってみました。
天井がオープンになったバスは、予想以上に楽しかったです
高さのあるバス上での屋根無し開放感は、
高速道路から見える看板や高架がとても間近、
いろんな空気も感じられ、スカイツリーも違った角度で見ることができました

東京は周知のごとく、訪れたい場所がたくさんある所ですから、
仕事以外でも多くの人が毎日集まってくる都市です。
東京駅構内 科学未来館②
  (東京駅構内)     (日本科学未来館)

2020年東京オリンピック開催も決定しました!
静岡は東京から新幹線で1時間
 
世界遺産になった富士山だけではなく、
はいろんな魅力がある場所なんです。
地元ガイドとして、この魅力を少しでも発信していけたらと思いました。

by Hiro
国内観光・日本文化  :  trackback --  :  comment 0   

箱根ツアー 

  箱根ツアー添乗記

11/11、アンビアさんのジャンボタクシーで、6名のお客様を『箱根』にご案内致しました。 グランシップで開催中の「リハビリテーション学会」参加者のスパウスプログラムです。

予報通り、朝からあいにくの空模様です。 雨がシトシト降っています。。
富士山、箱根の素晴らしい景色を期待できない、通訳ガイド泣かせの状況です。
まず向かったのは、『大涌谷
「いつもだったらこの方向に雄大なが見えます。」と
帰路を含めて一日このフレーズを何回言ったんでしょう・・

車の中で、目的地の大涌谷、黒タマゴ箱根関所の歴史背景・人見女、
寄木細工
の用意した見本をお見せして伝統工芸の説明を簡単にしました。

今日のお客様は、道中、車窓から景色を楽しむことができません 
ここは、FUSIONの“おもてなし余興”の出番です

手作りテルテル坊主に、10代の娘さんが“pretty”とにっこり。
「私達が子供のころ、よく遠足、運動会、の前の日は作って、軒先につるして翌日の
”perfect day ”をお祈りしました。昨日祈りながら作りましたが・・・ごめんなさい。
効きませんでした。」
と言ったら、英語が少しお解りになる運転手さんが・・
「作らなかったら、きっともっとひどい雨だったですよ~」と、優しいフォローを。。
 
何せ、助手席に座ってのマイク無しタクシーでのご案内は、初めての体験です。
小道具をこなすスペースが・・態勢はキツイですが、運転手さんとは自然とパートナーになっておもてなしです。
車内は少人数でアットホームな雰囲気で、いい感じです。

黒タマゴの“1個、食べると7年寿命が延びる、2個で、14年延び、3個では、むせて喉を詰まらせ・・4個では、高コレステロールで大変な目に“の談ではクスッと笑いをとって・・

寿命関連で日本人の”長寿祝い”「米寿」「茶寿」ネタを、体を捻りながらお見せして・・なんとかご披露。
「漢字ネタ」「一から十までの日本語のカウンティング」を英語ストーリーで・等々楽しんでもらっているうちに・・箱根山中に入りました。

乙女峠のふじみ茶屋付近は富士絶景ポイントの一つです。
車を少し止めていただき、“ふじみ茶屋からの富士山”の写真をお見せしました。
又、“晴れていたら・・こんな感じです。”と、本日の定番フレーズです。

明治天皇の御行幸前の名称は「地獄谷」で、その際に改名された『大涌谷』。
風雨の中では、なぜかあの特有の強い”硫黄臭”は薄れる?ようで気になりませんでした。
観光センターでは悪天候にもかかわらず、多くのお客様が黒タマゴの到着を待って行列を作っていました。
娘さんたちは、寄木細工の「秘密箱」を気に入られて購入されました。

次のポイント『箱根関所』に向かいましたが「芦の湖」も雨と靄にかすんで見えません

関所 瞳女
京口御門に・・               人見女

関所では冷たい雨の中寒さも増してきたので、順路に従い一回りして資料館はパスしました。
外国人の興味の対象は、想像がつかない場合があります。
“侍の世界”に余り興味のないご様子の彼らの場合は、休息所の「囲炉裏(いろり」」と
「お釜」に大変興味深いご様子でした。

ランチは由緒ある「山のホテル」の日本食を楽しまれました。

ランチ山のホテル
 寿司、てんぷら、そば・・♪

5月には広い庭園に、30種類のアゼリアと300株シャクナゲの競演で、
素晴らしい眺望の老舗ホテルです。
にぎり寿司セットのランチを選ばれ、ホームタウンのシカゴでは回転ずしの常連だとか。
17歳の娘さんは何と,おもちが大好きだそうです。嬉しくなっちゃいますね~♪

美味しいランチをいただいた後、『金沢ウッドクラフト』へ。
お客様の楽しみにしていらした寄木細工工房です。
小さいけれどきれいな"ギャラリー&体験工房"です。
とても感じのよい応対の御主人が笑顔で迎えてくださいました。
雨ということもあり工房も空いています。 ラッキー
すぐに、実際に「寄木作り体験」ができるということで、“皆さんやってみますか~?”の質問に
YES! YES!”と即答です。

体験寄木 2体験

40ピースの様々なカラー&形のウッドピースを組み合わせて自作のコースター作りです。

ご主人が親切に、歴史、工程等を説明して下さり、逐次通訳させていただきました。
寄木造りには、無垢と貼りの2種類あってそれぞれの工法は全く違うのです。
興味深い伝統工芸を、素敵な見本を見せてもらいながらの説明に“スバラシイ!!
と感激です。

寄木無垢 貼り寄木
 寄木“無垢”               寄木”貼り”

この「金指ウッドクラフト」には、伝統工芸士がおり、毎年駅伝優勝チームの為に
寄木細工のトロフィーを作っているんです!それは、素敵なんです
車の中で「箱根駅伝」のお話もさせていただいていたので・・ショーケースに展示してある
トロフィーを見て、その出来栄えに皆見とれました。

トロフィー 気に入り寄木
  駅伝優勝トロフィー             私の“魅せられた無垢作品”                

私自身も「寄木細工」がここまで素晴らしいとは、これまで認識しておりませんでした。
日本の伝統工芸は、世界に誇れる「日本の宝」ですね。

1時間ほどで、6つのそれぞれ個性的なコースターが出来上がり、6つの素敵な笑顔です
作業中、笑い声で包まれたり、作業に熱中したり、作品にご満悦な笑顔と・・とても楽しまれて、
それは悪天候を埋め合わせるものとなり、私も心から“ヨカッタ~!”・・
ホッとしました。

帰途の車中は、「富士山の歌♪」を日本語、英語で楽しみました。
合唱が終わると、運転手さんが左手を挙げて、大きな声で“イエーイ!”
この盛り上げのおかげで、皆さん笑顔で二度も歌って下さいました。
私のへたくそな歌唱指導も御愛嬌でしょうか~??
次回は譜面もつけてあげたいな♪と思った次第です。

お別れのときが近づき、FUSION恒例の、五円玉(ご縁)、鶴の折り紙(ご多幸の祈り)を
コンベンション協会様ご提供の“静岡ポストカード”の袋に入れてお配りしました。
いつもながら、これは喜んで下さいます

ホテルに到着・・それぞれの方に“Thank you so much for today” と
握手してご挨拶をすると、ドクターが私の耳元で”My wife loves that song!”と
お優しい言葉を下さいました。
こんな時はいい思い出作りのほんの一端を担えたかな・・?と、ほんわりと心が温まって、
案内士冥利です。
こんな交流が、もっともっと頑張って勉強せねば、したい!・・と力をくれます。。

最後に今回の感想です・・
FITでご案内をするケースで、天候に恵まれない場合は、
ケースバイケースではありますが・・・やはり「体験メニュー」とかは必須かと思いました。
雨にけむる観光地より、日本文化体験をENJOYしていただければ、より満足されるのではないでしょうか。。

おもてなしの心」を最優先に、よりご満足をいただけるご案内を目指して、
研鑽を積んでいきたいと思います。

今回もいろいろ初体験で勉強させていただくいい機会をありがとうございました!


                                 by Akiko

日本の桜 

今日のテレビニュースで
関東東北大震災の被災地に咲く可憐な桜の映像を見ました。

津波に皮を削り取られた幹、折られた枝、
中には根こそぎ倒されたものも・・・

それぞれが美しく春の訪れを告げていました

日本の桜は美しいです 誇りです
被災地のみならず、日本中が勇気づけられる映像でした     
                                                                 by Hiro

長崎弾丸ツアー 

1泊2日で友人のKさんと長崎へ行ってきました♪ 今回も前回の福岡と同じく、新幹線での旅

午後1時に長崎へ到着。ちゃんぽん発祥の地と言われる「四海楼」というお店へ
行ったのですが・・・ なんとお客が多すぎて受け付け中断中。泣く泣くあきらめて
別のお店でちゃんぽんを食べました。
近くの中華屋さんで食べたのですが、やはり本場の味♪ 錦糸たまごがのっていたり
麺も太麺で、本当においしかったです(^^)
長崎1 

ちゃんぽんを食べた後は、グラバー園に行ったのですが、とにかく暑い・・・
そんな時やっぱり食べたくなるのは冷たいもの。
で食べたのは・・・
長崎2 

グラバー園の後、「瑠璃庵長崎工芸館」というお店へ。ここは長崎の伝統工芸のビードロや
ガラスのグラスなどの専門店。ここのご主人が本当にいい方で、カステラのおいしいお店から
おススメの居酒屋まで、親切に教えてくださいました。ちなみに教えていただいたカステラ屋
さんは 岩永梅壽軒。手作りでカステラを作っているのはここだけのようです。ということで
人気もあり、翌日の予約の電話を入れたのですが、すでに売り切れ(T_T) 残念です・・・

2日は、原爆資料館や浦上天主堂のあたりを散策した後、お昼は皿うどん。
長崎4
入った思案橋のお店は、NHKの龍馬伝の出演者のサイン色紙がいっぱい飾ってありました。

お昼のあとは、別のお店でちゃんとスイーツも堪能しました
長崎3 


この他、長崎は、トルコライスやジャンボ茶碗蒸し、しっぽく料理などまだまだ 名物があり
ます。1泊2日では食べきれなかったけど・・・ 次回はぜひ他のものも食べてみたいと
思っています


RYOKO