FC2ブログ

ふじのくに静岡通訳案内士の会

通訳案内士の仕事および観光情報を発信しています。 お問い合わせはshizuoka-guide@e-mail.jpまで

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

ツアー”Experience Mt.Fuji!”に添乗 <2日目> 

ツアー2日目の朝
最初に向かったのは田子の浦港
ここで獲れるシラスは日本一の美味しさを誇る!
そのようにご案内して、獲れたての生シラス
「シラスの八幡」にて試食
まさにFresh from the sea Exclusive taste
期待は裏切られませんでした
ぷりぷりのシラス、もう他では食べられませんね

しらすの八幡  茹で立てシラス  ゆでシラス  IMG_1653.jpg

シラスの次は・・・お豆腐です。
それも「十割豆腐」といって材料の大豆100%を使い切り、
副産物であるオカラを出さないという、画期的な製造方法を誇る
その名も「プラウド」という会社です
栄養分がたっぷりというだけでなく、環境にも優しいお豆腐づくり
挑戦しました

IMG_0017 (2)    IMG_0028_20110920174643.jpg

製造工程の説明を受けながらの参加です。
最後は自分のお豆腐をを2つ、自身でパックしてお持ち帰りです
お豆腐の味は濃厚で、人気なのがとてもよくわかります。
豆乳豆腐かりんとうも美味しくて、皆さんおみやげに買っていました

田子の浦港を後にして、富士川を渡り、芝川方面へ向かいます。
バス中はお豆腐のお話、シラスのみならず、名物のサクラエビの話などをするうちに
富士川を渡りました。午後はこの富士川での大イベントが待っているので、
富士川についても紹介
いよいよ次の目的地、芝川温泉が近づいてきました。
バス中、温泉の入り方のご説明を兼ねて、「いい湯だな♪~芝川バージョン
皆で歌って盛り上がりました
前夜のカラオケ成果が出てましたね

  いい湯だな♪     翠紅苑

芝川温泉「翆紅苑」に近づく頃、竹林の多さに目が向けられます。
到着間際に、「かぐや姫のあらすじを絵本を見ながらしました
しっとりとしたお話なのですが、バス中の皆さんとの対話から
何故かコミカルな笑いを誘い、ちょうど到着となりました

「翆紅苑」では、皆さまゆったりと温泉・露天風呂につかり
釜めしを中心とした昼食にまったりとしたひとときを満喫できたようです。
ドイツからお越しの方など、「数日ここに泊ってゆっくりしたい~
とても気に入られたようでした。
確かに、ここだけ時間の流れが違うような気がしました

温泉入り口   温泉   IMG_1690.jpg

さあ、午後は最後のアドベンチャー、富士川ラフティングです
「Natural Action」のインストラクターの皆さまにお世話になりました
日本三大急流の富士川を下る冒険、ドキドキ、ワクワクです
オールの漕ぎ方、流された時、転覆した時などの注意事項を聞いて、
各ボートに分かれていよいよ出発です

DSC_0046.jpg  DSC_0059.jpg  DSC_0061.jpg  DSC_0067.jpg

インストラクターの方々の元気で楽しいノリの良さ
ボート内での団結力見ているだけでも楽しいっ
まるで「なでしこJAPAN」を見るような・・・
「オールあげて」「うぇ~いっ
途中、6mの崖からのダイブへの挑戦もあるんですが・・・
結局全員飛び込んだんですよね!!!
母のような気持ちで
、遠くから眺めておりました
ほんとに「すばらしい~の一言に尽きます。
ツアーの締めくくりに皆さんが見せてくれた、その笑顔は忘れられません

DSC_0077.jpg  rafting.jpg   DSC_0081.jpg   崖からジャンプ

こうして無事に、最後のラフティングも終了し、
皆さんをそれぞれ富士駅・新富士駅へとお送りし、
2日間のツアーが幕を閉じました

富士山五合目   オール上げて!

ご参加の皆さま、ありがとうございました
私自身、皆さんとご一緒できて、とても楽しかったです
かけがえのない貴重な体験をさせていただきました。
静岡にはまだまだ見どころがたくさんあります。
また是非、お立ち寄りください。いつでもお待ちしています

スタッフの皆さま、貴重な機会をいただき、
また大変お世話になり、本当にありがとうございました
今後も静岡県の通訳案内士として、
FUSIONの仲間と共に、研鑽を重ねて、
静岡の良さを楽しくご紹介したいとあらためて思いました

                       by Hiro




スポンサーサイト



通訳案内士  :  trackback 0   :  comment 0   

ツアー”Experience Mt.Fuji!”に添乗 <1日目> 

富士登山シーズンも終わった9月8日~9日
富士山観光交流ビューロー様主催
モニターツアー”Experience Mt.Fuji!”
通訳案内士として1泊2日同行させていただきました

同ビューローの企画が、
観光庁の「外国人旅行者に対する地域資源意識調査事業」
県内で唯一採択され、実施されたという素晴らしい内容です

8月の募集から申し込まれた在日外国人の方々は、
中国・韓国・インドネシア・アイルランド・ドイツ
とても国際色豊かなツアー

迎えた初日の朝、裾野から雲ひとつない雄大な富士山
私たちを出迎えてくれました
最初は富士宮5合目から宝永火口~樹林帯のトレッキングでしたので、
お天気はこれ以上になく、最高に恵まれたスタートとなりました

富士山5合目に到着までの間、富士山に関するガイドをしていきました
皆さん、とてもニコニコと聞いてくださり、
「富士山の歌」「不思議な石」の話、「富士山の折り紙」などなどの
余興も交えて、楽しい時間を過ごすことができました

富士山模型         富士山説明         富士の石

登山ガイドは、一日二度富士山に登り、その登頂回数で有名な實川さんでした
登山のコツから、景色の解説に至るまでお話いただき、
初めての参加者も安心して歩くことができました。ありがとうございました
5合目から6合目までは登山道と同じルート、ひとときの登山体験です。
そこから宝永火口へ下って行くルートも気は抜けません。
でも、汗をかいた者だけが許される素晴らしい景色のご褒美が待っています

IMG_1545.jpg     IMG_1565.jpg 
樹林帯を森林浴しながら通り、5合目に戻りました。

宝永火口、富士山を後にし、お腹のすいた一行は
農家レストラン「ちゃの生」
地元でも知る人ぞ知る、採れたての野菜の風味を生かした
ヘルシーなランチを、縁側越し、周囲に広がる茶畑などを眺めながら
いただきました。日本の懐かしい原風景と、
若いご夫婦のモダンなセンスのバランスが絶妙な癒しスポットでした

お腹も心も満足した後、富士市岩本の「佐野製茶」さんを訪れました。
そこで富士山が背景という贅沢な景色の中、お茶摘みに挑戦
佐野代表のお話を聞きながら、お茶栽培の手間がすごいことに驚き、
日本の緑茶のクォリティーの高さを体感していただけたように思います。
そして茶畑の真横という立地の「緑茶カフェ」にて
お抹茶・焙じ茶作りの体験をさせていただきました。
茶畑と富士山をバックに、自分で淹れるお茶の味は格別だったのでは

IMG_1618.jpg      DSC_0087.jpg

富士山トレッキングにお茶体験、まさに静岡の醍醐味を体験した後、
今度は心に沁み入る静けさを求めて、禅宗のひとつ黄檗宗瑞林寺
禅宗の中でも黄檗宗は、中国文化の影響が深いと言われています。
珍しい建築様式の山門、裳腰屋根などを眺めながら、池にかかる橋を渡り、
まずはが地蔵菩薩祭られるお御堂を参拝。住職様の解説を聞きました。
この時点でもすでに厳かな雰囲気がただよっていました

さあ、いよいよ本堂での座禅体験です。日本人でも緊張します。
足は無理せずに組み、まずは自分にとって心地良く座れるポジションを確認。
そして集中、瞑想に入って行きます。。。
自然体であるがままを受け入れる・・・こんな解釈で良いのでしょうか
黄檗宗では、打たれたい人が合掌をして合図をすると、
背中をビシっバシっと打ってくださる、自己申告制(?)なのだそうです
参加者の皆さまにとって、大変貴重な体験だったと思います
自宅でも瞑想はできるというお話でした。
座禅の一般参加を受け入れているお寺もあるので、是非また参加してみたいです

瑞林寺お御堂への橋    IMG_1637.jpg    瑞林寺本堂

身も心もすっきりと瑞林寺を後にし、ホテルにチェックインです。
宿泊は「くれたけイン富士山」オープンしたばかりの心地良い所でした。
客室から窓を開けたら、ど~んと富士山が見えて感動でした!

ちょっと休憩し、夕食はホテル近くの「魚がし鮨」
新鮮なネタのお寿司をおなかいっぱいいただきました!
最後にさくらえびのかき揚げなども出してくださり、海の幸が満喫できました

贅沢三昧の夕食の後は、食べ過ぎ解消か(?)有志でカラオケへ
国際的なカラオケはとても楽しかったです
中国語の字幕と歌、英語の歌、
日本在住のためか日本の歌に詳しい方も多く、
「どこで覚えるの?」と驚きつつ、一緒に歌ったり。
最後は皆が歌えるカーペンターズの曲でお開きとなりました

朝早く集合、富士トレッキングに始まり、
なかなか忙しいツアーの最後にカラオケ!という
エネルギッシュな一日目でした

~ツアー2日目へ続く~    

                                                                           by Hiro

通訳案内士  :  trackback 0   :  comment 0