FC2ブログ

ふじのくに静岡通訳案内士の会

通訳案内士の仕事および観光情報を発信しています。 お問い合わせはshizuoka-guide@e-mail.jpまで

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

在京タイ王国大使館特命全権大使来静 

9月1日 ( 土 ) 在京タイ王国大使館ウィーラサック・フートラクーン特命全権大使が
静岡を訪問なさいました。
静岡出身の山田長政が江戸時代にタイに渡ったことから、静岡とタイのつながりは大変
深いものがあります。
また、今年は山田長政がタイに渡って400年になる記念の年でもあります。
毎年静岡日タイ協会の主催で日タイ友好フェスティバルが青葉シンボルロードで開催
されます。今年の開催は第3回で、大使が開会式にご出席され、ご挨拶をくださいました。
会場には多くのタイの方々、タイに関係する静岡の方々が集まり、大使のご訪問をお迎え
しました。大使は多くの方々にお声をかけてくださり交流を深めてくださいました。
午後は駿河国総社静岡浅間神社を訪問しました。
神社には山田長政が奉納した軍船の絵馬があります。
毎年10月に山田長政祭りが行われる浅間通りを歩き、山田長政の胸像をご覧になられました。
静岡は徳川家康ゆかりの地です。徳川家康の神廟がある久能山東照宮に行きました。
東照宮では落合宮司が出迎えてくださりご案内をしてくださいました。
江戸時代はタイのアユタヤー時代にあたります。この頃、日本とタイの貿易は盛んでした。
特にタイからはエイと染料にする蘇木を輸入しました。
エイの皮は日本刀の柄に使用されました。
東照宮の博物館でエイの皮を使用した日本刀をご覧になられ、
タイと日本の歴史を振り返りました。

今回このような貴重な体験をさせていただく機会を得ましたことに心より感謝申し上げます。
また、お世話になりました関係者の皆様、行く先々での温かいおもてなしに心より
感謝申し上げます。

静岡は古くからタイとの交流があります。今回大使が静岡を訪問され、静岡との400年にも
及ぶ交流を深めていただきまししたことに心より感謝を申し上げます。
大使がお話しされる一言一言のお言葉は、伝えることの大事さを教えてくださいました。
ありがとうございました。タイと静岡のより一層の交流促進が図られることを期待します。

最後に、今回ウィーラサック大使をお迎えするにあたりまして、ご指導くださいました
ニッタヤー教授に心より感謝を申し上げます。

By Kinnaree(タイ語通訳案内士)





スポンサーサイト



通訳案内士  :  trackback --  :  comment 0