FC2ブログ

ふじのくに静岡通訳案内士の会

通訳案内士の仕事および観光情報を発信しています。 お問い合わせはshizuoka-guide@e-mail.jpまで

03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

2013年農業研修 

2013年2月26日(火)〜 3月23日(土)まで、静岡県海外技術研修員としてタイの農業訓練センターから訪れた、タイ王室プロジェクトで研究員として働くタイ研修員の農業研修の通訳をいたしました。静岡は温暖な気候、自然豊かな地です。故に、静岡には167種類もの農産物があり、これら全ては生産者のみなさんが生産技術を高め、丹念に心を込めて生産しています。県ではこれらの農産物を『 農芸品 』と呼んでいます。今回は、この静岡の農芸品の生産技術、特に無農薬、有機栽培に視点を当てて、その技術を肌で感じて頂き、知識や経験を自国で活かしていただきたいと、多くの農家を訪れて研修をしていただきました。

fujiyama

静岡といえば富士山です。期間中何度も美しい富士山を眺めることができ、研修員の方は大変喜んでいました。日本=富士山ですが、富士山=静岡、と思い浮かべることはなかったとのことで、これを機にタイ国民に富士山の地である静岡県を紹介したいと写真をたくさん撮りました。
富士山の地は水を通しやすい多孔質であるため有機栽培に適しているようです。富士宮市のたまねぎ畑で草取りをした際、土の表面は乾いているにもかかわらず、根を抜くと湿っていました。研修員もこの地の土の性質に大変興味を持っていました。

tsuchi

ナス、いちご、トマト、人参、ルッコラなどのハウス栽培の見学では、農家の方々が本を読んだり講座に参加したりして栽培技術を高め、自分ならではの栽培方法を見いだすため日々勉強をしています。会社員として働けば休日があるが、農家の仕事は24時間、毎日作物と向き合うことがとても楽しいと話してくれました。

有東木はわさび栽培発祥の地です。わさび田は清らかな水に囲まれた田です。研修員の方がとても気に入った場所でした。わさびソフトクリームは、ソフトクリームなのにわさびの味がして不思議な食感のようでしたがとてもおいしいと喜んでいました。タイではわさびの栽培はありませんが、最近タイでも日本料理店が増え、日本食を食べるタイの方々が増えています。わさびはタイの唐辛子とは違いますが、辛いという点で好む方が多いということでとても興味深く見学していました。また、わさびは刺身を食べる際に醤油につけて食べる物と思っていたようでしたが、わさび加工工場を見学して、多くのわさびの加工品が製造されていることに大変驚いていました。

いちご栽培は、静岡県の技術を活かした『紅ほっぺ』という名で全国に知られています。いちご栽培は栽培面積がそれほど広くない割に利益を得ることができ、多くの農家で栽培されていました。
それぞれの農家で、品質を高めるために様々な工夫がされていることが印象的でした。

ichigo

栽培した作物をどのように販売するかということに関しては農家それぞれで、JAを通して販売する農家もあれば、独自の販売方法で直接顧客に販売する農家もあります。特に印象深かったのは、形の良くない作物はジャムやジュースにして加工品にしたりレストランや総菜屋で調理して使用するなど自分たちの作物を余るところなくずべて使用して消費者に届けていることでした。反面、見た目が悪い作物は不良品として見なされ販売できないことがあることも事実でした。

静岡で欠くことができないのがお茶の栽培です。お茶の栽培も農家様々ですが、今回は有機栽培で茶を栽培している畑を訪れました。鶏、馬を飼い、糞を残飯と混ぜて発酵させて肥料を作り茶やみかんを栽培していました。 “良い作物を作る良い百姓は、まず良い土を作らなければならない”と教えてくださいました。

次世代の農業を担う青年が現状を把握して問題を解決しようと様々なプロジェクトを考え真剣に農業に取り組んでいる農業青年クラブの農業発表会に参加しました。自分たちの未来を自分たちで向き合う姿勢にとても感心していました。野菜嫌いな子供に栽培を体験してもらう、付加価値を付けて販売する、無人販売と人間関係など、タイにはないアイデアに興味を持っていました。

作物だけでなく花卉も見学しました。県内でもタイの花を多く扱っており、気候の違う土地でどのように栽培しているか詳しく質問していました。特に品種改良には興味を持っていました。しばし足をとめて国を思い出したようでした。

piano

最終日にはヤマハ掛川工場のグランドピアノ工場見学をしました。娘さんがバイオリンを習っていらっしゃるということでピアノに大変興味を持っていました。タイでもヤマハのピアノは大変有名ですが、とても高額な商品であるようです。なかなか触れることのできないピアノの製造工程を見学し、ピアノの仕組みを勉強しました。ピアノの音色で長期間の研修の忙しさから安らぎを得ました。

今回このような貴重な体験をさせていただく機会を得ましたことに心より感謝を申し上げます。
約一ヶ月にわたり大変有意義な時間を過ごすことができました。訪れた農家のほとんどは子が両親から農業を教わり受け継いでいます。静岡県では新規農就者プロジェクトを実施しており、農業を始めようと考えている新規農業者(New Farmer)が熟練した農家から知識や技術を勉強することができ、農家も新規農業者も常に勉強してその技術を高めていかなければならないことが静岡の農業の発展につながっていると感じました。

hana

静岡の農業を実際に生産者と触れ合って感じることができたことは私自身とても勉強になりました。日常食している作物や目にする花にも生産者の心を見ることができるようになりました。研修員の方は大変熱心に静岡の農業のあり方を学んでいました。研修員が働く農業訓練センターでは、“必要な分だけ栽培する。余った作物は近所に分けてあげましょう。”と仏教の精神で作物を栽培します。故に、日本での農業は産業だと話されました。わたしたちは物があることに満足し、それでは足りず味や見た目を重視し、高額な商品として販売されることが日常的なことであるようになっています。日々の生活を振り返って本当に必要である物は何かを改めて考えました。農家や消費者が考え方を、安全な作物を、と変えたら有機栽培や自然農法に目を向けていくこともあるでしょう。静岡県海外技術研修員受入事業は、開発途上国の経済発展と我が国及び静岡県との国際的な友好関係の増進に貢献し得る人材を養成することを目的に行われています。この事業を通して私たちが開発途上国から学ぶことも多くあり、静岡県の農家の方々がタイに赴き、交流を通じ理解を深めることを願います。

ご協力いただきました以下の関連機関に感謝を申し上げます。
JA三島函南、静岡県田方農業高校、みんなのHawaianns、伊豆HOLLY’S、JA静岡市、株式会社するが花き卸売市場、有限会社ジッポー、あべちゃんのやさい、(有)人と農・自然をつなぐ会、株式会社ビオファームまつき(順不同・敬称略)

by Kinnaree(タイ語通訳案内士)
スポンサーサイト



通訳案内士  :  trackback --  :  comment 0