FC2ブログ

ふじのくに静岡通訳案内士の会

通訳案内士の仕事および観光情報を発信しています。 お問い合わせはshizuoka-guide@e-mail.jpまで

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

セレブリティ・ミレニアム号清水寄港! 

2014年9月30日 豪華客船(セレブリティ・ミレニアム号)が静岡・清水港に
やってきました! 
当日のお天気は雲は多めでも晴天です。
今回、ご案内するお客様はFUSION英語ホームページにお問い合わせくださった
フランス人ご夫婦ですが、ツアーについては英語ではなく、中国語の案内を希望されていました。
ご案内する観光地は日本平,久能山東照宮です。
案内日の2週間ほど前に、ちょうど東照宮で研修を受けていたので、私にとっては記憶に新しい場所です。
客船は朝7時に到着、港では寄港客を歓迎する色々なおもてなしが用意されていました。
フランス人ご夫妻との約束時間は9時なので、8時45分に清水港に着くよう準備しました。
到着時間の関係もあって、人混みもなく、すぐにお客様を出迎えることができてよかったです。

shimizu-1

日本平に向かうタクシーの中で、中国語ガイドを希望された理由を伺いました。
ご主人のほうはベトナム出身で、フランス在住です。奥様は中国の方で、二人の会話は基本的にベトナム語です。
旦那さんの優しい気持ちで、中国語ガイドをご希望されたようで、正真正銘の「おしどり夫婦」
という言葉がその時私の頭に浮かびました。
空を見上げると、厚い雲が垂れ下がり、これでは残念ながら富士山は見えないかもと
思いながら、日本平ホテルまでご案内しました。
庭園では青一色の芝生が目の前に広がっていましたが、遠く眺めると富士山がまるで
隠れん坊でもしているかのようで、私たちはそのふもとすら見ることはできませんでした。
しかしながら、日本平ホテルの国際的で素敵なデザインには、
フランス夫婦も感心されていました。
その後、ロープウェイに向かい、予定より早く9時半に東照宮に着きました。
旦那様は中国語を話されないため、散策しながら、お一人で上まで上がっていかれました。
旦那様を気にしながら東照宮の紹介を聞いてくれている奥様を見て、
何だか可愛らしく見えてきました。
奥様の気持ちを汲んで説明を短くし、東照宮の拝殿に到着しましたが、
階段の一段一段が高く、急なので、少しきつかったのか、拝殿前で休憩、
東照宮の素晴らしい建造物を眺めながら、お二人の家族の話を伺いました。
立派に成長された子供たち、それにお孫さんもいて、幸せそうな三世代家族の話を聞いて、
私まで心が温まりました。
また、人生の教えなども色々と私に話してくださいました。

東照宮を満喫した上で、エスパルスドリームプラザへ戻りました。
そこで、これまで連絡を取ってくれていた英語の通訳案内士の方と一緒に食事をすることになりました。
ようやく話が通じる方が来たためか、旦那様が一気に心が開いたようにいっぱい話をされていました。
4人が集まり、英語、ベトナム語、中国語、日本語が飛び交う食卓です。
旦那様がお肉好きで、「YAKITORI」とずっとつぶやかれていました。
魚が有名な清水港で唯一見つけた焼き鳥は、お総菜屋さんの焼き鳥です。
それでも旦那様がとても満足そうに見えました。
うれしそうな顔を見て、私たちもうれしくなりました。

shimizu-2

最後、14時ごろに客船まで一緒にお見送りしました。
大きな豪華客船を見て、お二人の旅はまだこれからなのだと実感しました。
これまで歩んでこられた道もこれから歩んでいかれる道も、お二人はずっと手をつないで歩まれることでしょう。

今回のガイドで思ったことが一つありました。
もちろん観光地の案内などはとても重要ですが、お客様の心に寄り添うことも
FITの場合は大切だということです。
ガイドによる事物の説明や紹介だけでなく、何気ない会話を通して、
その地域を知っていただくことも大切ではないでしょうか。
人生経験の浅い私ですが、このような人生の先輩に出会って本当に幸せでした。
静岡・清水は小さい町ですが、暖かい人情があり、豊かな自然もあります。ぜひまた遊びに来てくださいね。


by Ying-wen
スポンサーサイト



通訳案内士  :  trackback --  :  comment 0   

久能山東照宮にて研修会 

9月16日晴天に恵まれ、久能山東照宮をfusionメンバー12名で訪れました。
東照宮さんの特別なご配慮により権禰宜の、大沢様にご案内いただき、
改めて久能山東照宮の価値のすばらしさに触れる一日となりました

まずは、日本平側からロープウェイで屏風谷、地獄谷の上を、
遠景には駿河湾を見下ろしながら山に入りました。
海側より1159(いちいちご苦労さん)段の階段からでないと
入山できなかった孤立した地形から、
乱世には武田信玄が城としてふさわしい地に選び
徳川家康公は自ら、安らかにこの地に眠りたいと遺言された
歴史に思いをはせることができました

朝廷から東照宮大権現と神号を賜り、
後水尾天皇からおくられた勅額が上がっています楼門をぬける時、
蟇股に獏が彫刻されていますが、
獏は鉄や銅を食べることから平和の象徴とされています
長い平和を導いた徳川家の根底に流れるものを反映しているようです。

楼門前(16092014)   楼門前②(16092014)

手水舎でお清めして、上を目指す途中、
元々鐘楼だったところの鐘が太鼓に代わって鼓楼になっていることや、
五重の塔が取り払われているのは、明治時代、神仏分離令によるもので、
日本人の宗教観の変遷も感じました。

御社殿は、漆と金による豪華絢爛な外観で誰もが感激する場所ですが、
拝殿内に入れていただき、本殿と拝殿をつなぐ石の間を見下ろしたり、
内装の塗り直しされていない元の絵の部分を紹介されるという新しい発見もありました
国内に数ある東照宮建築の最古のものとして国宝に指定されている、
拝殿中央にある蟇股の彫刻の、「司馬温公の甕割り」の逸話を聞いても、
命の尊さを示しており、ここが平和の象徴とされていることがわかります

本殿内(16092014)   亀割り

そして、更に奥へと進むと御神廟があり、
家康公の御遺命により遺骸が埋葬されて西向きに建てられてあります。
ここで教わった三本のラインについてのお話は、
後に研究されたことのようですが興味深いものでした

1)駿府城、家康公の両親が子授け祈願した鳳来寺、
  父の生誕の地である岡崎城、京の都へ続く西向きのライン。

2)御前崎から久能山東照宮を結んだ延長上に富士山、
  さらに群馬県の世良田東照宮から日光東照宮に続くライン。

3)江戸城、日光東照宮、北極星を結ぶ南北ライン。

御廟所(16092014)

最後に、博物館の中では、徳川歴代将軍の兜や太刀を見ながら、説明をいただきました。
今では美術工芸品とも思える武具や、徳川家ゆかりの品が展示されておりました。
2015年は、家康公がこの地にお祀りされて四百年、大祭が斎行されるとのことですから、
国内外から多くの方に、
久能山東照宮を訪れて日本人の神髄にも触れていただけたら嬉しいですね

by Mayumi


静岡県の観光地・文化  :  trackback --  :  comment 0