FC2ブログ

ふじのくに静岡通訳案内士の会

通訳案内士の仕事および観光情報を発信しています。 お問い合わせはshizuoka-guide@e-mail.jpまで

11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

タイものづくり観光誘致推進事業 ~①~ 

「タイものづくり観光誘致推進事業」と題し、
タイ人観光客の訪日拡大を目的に「ものづくり観光」をテーマに、
10月中旬6日間にわたり、タイ旅行会社2社と映像製作会社1社を
山梨県、長野県、富山県、名古屋市にご案内しました。

「ものづくり」は、熟練した技術者がその優れた技術で精妙を極めた物を作ることとされ、
生産という中での芸術と卓越した日本の仕事人の融合です。
今回はそれぞれの地域の「ものづくり」に触れていただきました。

                     13_10 儀象堂
長野県諏訪地区
は諏訪盆地を中心にきれいな空気を利用して精密機械工業が盛んで、
高度な技術を有する企業が集積する地区です。
戦前には製糸産業の一大集積地として栄え、
戦後においては時計、カメラ等の精密加工業へ転換しました。
タイで日常触れているセイコーエプソンの歴史が諏訪にあることにとても感激しました。
セイコーはタイでも高級時計です。
時計産業が有名なことから儀象堂にて時計づくりも体験しました。

                  工業メッセ

諏訪圏工業メッセが開催されており、企業の「ひとわざ(一技)」を知ることができました。
金属・プラスティック・ゴム加工、機械組立、光学製品、IT関連、医療機器など、
その企業の「わざ」は繊細で緻密でした。タイに工場を設けている会社も少なくありません
タイの方々は大変手先が器用です。
日本のものづくりを支える一部として大変貴重な「わざ」のひとつでもあります。
  
13_10 間欠泉

長野県は清らかな水と豊かな自然に囲まれる地
であり、
観光資源が豊富な上、120もの温泉地がある温泉王国です。
諏訪湖間欠泉センターでは5mにも噴出する間欠泉を見学しました。
周囲に硫黄の匂いが漂い温泉につかっているような気分です。

間欠泉センターだけでなく、温泉王国を感じることができる場所に
諏訪大社下社秋宮の手水舎があります。
周辺が温泉の湧出地であるため手水舎は御神湯と呼ばれ温泉です。
10月半ばでしたが肌寒い日で湯気が立ち上がっていました。

13_10 諏訪大社

諏訪大社
は諏訪湖周辺に4箇所の境内地をもつ神社で、
全国各地にある諏訪神社総本山で国内にある最も古い神社の一つとされています。
今回訪れた下社秋宮には、樹齢約800年の「根入りの杉」と呼ばれる御神木や
高さ1.70m、青銅製では日本一と言われる狛犬がどっしりと構えていました。

kinnaree

スポンサーサイト
通訳案内士  :  trackback --  :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。