FC2ブログ

ふじのくに静岡通訳案内士の会

通訳案内士の仕事および観光情報を発信しています。 お問い合わせはshizuoka-guide@e-mail.jpまで

11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

2013年10月 O氏家族旅行 

2013年10月O氏家族旅行

タイ人観光客への日本入国ビザ緩和により、個人、団体を問わず多くの観光客が日本に入国できるようになりました。タイでは触れることのできない日本の四季や風物詩はタイの方々に大変魅力的なようです。

2013年10月、日本には何度も訪れたことがあるというO氏のご家族と弟さんのご家族、そして来日35年ぶりというO氏のお母様を高山・金沢・富山・松本にご案内しました。

2013年10月 O氏家族旅行  
   早起きをして高山の宮川市場に向いました。川沿いに多くの店が並び、野菜、果物が売られ、  多くの観光客や地元も人々で賑わう市場です。タイでも見かける唐辛子もありました。リンゴ  は甘くてまるかじりです。
 

 
 清々しい空気とおいしい果物に気持ちもさわやかになりました。
 飛騨牛たっぷりの高山肉まんをおやつに準備して白川郷へ向かいました。
2013年10月 O氏家族旅行 

世界遺産に登録されている白川郷は毎年多くの観光客が訪れる、日本の歴史や文化を肌で感じることができる観光地です。
 展望台から見る合掌造りの独特な集落は、時代の移り変わりに触れることができるだけでなく、忙しく過ごす日常からのささやかな休息です。


金沢に向うと雨が激しくなりました。昼食の後は日本三大庭園のひとつである兼六園を散策しましたが激しい雨と寒さでほんのひとときの散歩となりました。

2013年10月 O氏家族旅行 
  兼六園には約560本の松が植えられていますが、その中でも目を引く松が、「根上がりの松」と呼ばれる     松です。40数本の根が地上2mまでせりあがり、樹齢約200年、高さ15m以上ともいわれる名松です。根上   の松を見学して兼六園を後に富山へ向いました。



立山黒部アルペンルートの景色はこの時期ならではの紅葉と雪が折り重なる美しい景色です。美女平と室堂を結ぶ高原バスでは1,500mの標高差の大自然を車窓から楽しむことができますが、一面は雪に覆われ白銀の世界を走り抜けることとなりました。

2013年10月 O氏家族旅行   黒部ダムから黒部湖にかけては大変寒く、日本人観光客も外国人観光客も寒さに備えて防寒具を
2013年10月 O氏家族旅行   身につけていました。一年を通して暑い国で生活するタイの方々に      はとても寒い気候だったよう です。

富山から長野に抜けて松本市に到着し国宝「松本城」を見学です。
松本城の黒塗りは戦国武将の威厳を彷彿させる風貌です。11カ所の石落とし、55カ所の鉄砲狭間、60カ所の矢狭間などはその時代の防御のための攻撃を感じることができました。五重六階の通り3階には窓がなく、敵には存在しない場所となっています。急勾配な階段を上って天守に到着です。曇りでしたのでアルプスの山々を眺めることはできませんでしたが気分は爽快でした。

長野をあとにしてあずさで東京観光に向いました。

高山の昔情緒溢れる町で11才のお兄ちゃんがお土産品の日本刀を購入しました。戦国時代日本刀の柄はエイ革が使われていました。エイ革は摩耗に強く表面のブツブツがゆるみを防ぐとされます。
江戸時代、この革はタイから輸入されていました。何気なく手にしたお土産がタイと日本の絆をより身近に感じさせてくれました。

今回は歴史・ショッピングの家族旅行に同行させていただき、新しい発見もあり大変勉強になりました。

松本で偶然、タイで暮らしていた時のタイ人の友人と会いました。
10年ぶりで、日本で再会するとは思っていなくお互い大変驚きました。
新しい出会いそして再会という人とのつながりに、この仕事の魅力をより一層感じることができました。タイ滞在中に会った多くの方々に日本で再会できることを楽しみにしてタイの方々のお越しをお待ちしています。

kinnaree
スポンサーサイト
未分類  :  trackback --  :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。