FC2ブログ

ふじのくに静岡通訳案内士の会

通訳案内士の仕事および観光情報を発信しています。 お問い合わせはshizuoka-guide@e-mail.jpまで

11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

 

お茶摘み201469

皆さん静岡県東部でお茶摘み体験ができるのご存知でしたか?
春と秋年2回韮山で体験できます。今回は私のロシア人の友人の依頼でロシア、サンクトペテルブルグから8名のロシアグループの皆様を韮山のお茶摘みにご案内しました。

当日は台風が北上している中でしたが、皆様ご到着の時にはまだ曇り模様しかしお天気なら富士山が目の前に見えるところ当日は見ることができず残念でした。
グループの皆様は何度も来日されているため今までと違う体験がしたいとわざわざ東京よりハイヤーを予約しお越しになりました。
お茶摘みでは茶摘み娘の着物に着替え、昔ながらの竹かごを背中に担ぎ、茶畑にいきます。ご到着時は皆様お疲れのご様子で”30分で終わりにしたい”とのことでしたが、着物に着替えだしたら皆さん夢中になり、茶摘みも1時間以上堪能されていました。本当に茶摘み娘の皆さんはきれいでお似合い、特に5歳のお嬢さんはお人形のようでした!
通常お茶摘みは6月末でシーズンは終わります、今回は特別なはからいでこのお茶摘みが実現しました。受け入れ側のスタッフの皆さんも親切でまた楽しんでいるご様子、もちろんロシア語は理解できないのですがそこはジェスチャーや日本語で説明したりと笑いが絶えない時間でした。スタッフの方が丁寧に説明したのを私が英語で友人に訳しそれをロシア語に訳すかたちで行われ楽しい茶摘みになりました。

普段ロシアではまだ日本茶は高価なものとして扱われているようで、お茶に関しての質問はもとより、みなさんの
つんだお茶の香りをかいで”いい香りだ”と笑顔を見せてくれ私もうれしかったです。

お土産物で人気なのは桜えびのおせんべいそして羊羹でした。
私の友人が静岡は桜えびの名産地!と宣伝してくれていたからのようです。最初羊羹を見てびっくりしていたのですが試食をされたら”おいしーーー!!”とお土産にお買い求めしてくださいました。

日帰り旅行で当初はお夕飯は東京でというスケジュールでしたが、お寿司が食べたい!!!と急遽伊豆長岡のお寿司屋さんに予約を入れお茶摘みの後お寿司屋さんに向かいました。
、普段もお寿司はロシアでも召し上がっているご様子でしたが、五歳のお嬢さんは”玉子、アナゴ、玉子、アナゴ”とおいしそうに召し上がっている姿は本当にかわいかったです。
大人の皆さまはそれぞれお好きなものをご注文、ちらし寿司の中にどんこ(シイタケの肉厚のもので伊豆特産)を見て
何ですか?と質問があったり、みなさん茶碗蒸しはお好きなようで帰国したらぜひ作りたいとレシピを聞かれました。

10日より、飛騨、高山、そして京都を役10日旅して、東京からモスクワに帰国されるとのこと、短い時間でしたが私は沼津インターまでお見送りし皆さんとハグをして別れを惜しみました。
新しく伊豆循環道も開通し首都圏からお車でのお越しも今までに比べ楽になりました。
これからも多くの外国人観光客の皆様がお越しになり、楽しめる体験やご旅行をこちら静岡東部より発信したいと
思います。

秋のお茶摘みも開催です!みなさま伊豆にお越しの際はぜひ体験してみてください。

静岡県東部通訳案内士HIより





スポンサーサイト
未分類  :  trackback --  :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。