FC2ブログ

ふじのくに静岡通訳案内士の会

通訳案内士の仕事および観光情報を発信しています。 お問い合わせはshizuoka-guide@e-mail.jpまで

11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

Field-to-Table Tour ~茶畑から一杯のお茶まで~ 

各地で夏祭りや花火大会が開かれ始める7月下旬、
スイスから大学生19名茶処・静岡を訪れてくださいました


東京都内の大学との交流プログラムで日本を訪れ、
プログラム参加前に広島・京都・東京・福島など、
各地を巡る計画を立てられたようです。
その中に、「日本と言えば、緑茶、緑茶と言えば静岡でしょ
そう言って静岡訪問を選択されたと聞きました。


最終的には、FUSIONの英文ホームページで紹介している
そふと研究室様のディープなお茶ツアーに興味を持たれて、
お問い合わせくださったようです。
お茶に深い興味がある方であれば、きっとご満足いただけるツアーです。
茶畑で育ったお茶が、一杯のお茶として飲まれるまでをたどりました


最初に訪れたのは、静岡市藁科川沿いの茶山地にある
「森内農園」です
ご夫妻の温かい笑顔に出迎えられ、お茶摘みを体験
茶栽培について、ご主人から丁寧な説明もいただきました。
バス内で一緒に歌った「ちゃっきり節」を思わず口ずさんでくれる方も
気分はすっかり茶娘です
森内農園茶畑07312014


続きいて摘まれた葉が「荒茶」になるまでの工程
茶工場にて解説していただきました。
見るもの全てが珍しく、興味津々と耳を傾け、質問されていました。
森内農園荒茶工場07312014

続いて、森内さんのお宅にお邪魔させていただきました。
日本独特の和の居住空間にて、数種類のお茶を飲み比べながら、
お茶の淹れ方を体験しました
同じお茶の葉から、製造工程によって発酵茶にもなることも体感できました。
皆さん、お茶への興味がとても深かったようで、たくさんの質問をされ、
ご主人がまた丁寧にお応えくださいました。
森内農園ご自宅②07312014   森内農園ご自宅07312014 お茶の天ぷら07312014


茶畑で摘んだお茶の葉を、奥さんが天ぷらに
してくださったり、
日本の親戚を訪れたような「おもてなし」に触れることもできました
温かく和やかな雰囲気が名残惜しかったのですが、
お礼とお別れを告げて、茶町へと移動しました。


茶町に着くと、静岡茶市場
ここでも冷茶のウェルカムティで迎えていただきました
お茶農家さんが摘んで、加工した荒茶はこの茶市場に持ち込まれます。
時期的にも時間的にも、お茶取引を見ることはできませんでしたが、
解説ビデオにて取引の風景を感じていただきました。


増田社長がご案内
くださり、
11種類のお茶の葉を拝見盆で見せていただき、質感・香りなど違いを体感しました
一番茶・二番茶・三番茶のお茶の葉、それぞれの深蒸し茶も比べ
熱湯を使った審査も体験できました
現場の方の説明を聞きながら、五感で感じられる貴重な体験になったのではないかと思います。
玉露やお抹茶も淹れていただき、十分堪能させていただきました
静岡茶市場①07312014   静岡茶市場②07312014


昼食は、「おでんのおがわ」さんで静岡おでんをいただきました。
静岡おでんと言えば、黒はんぺん、
駄菓子屋さん感覚で近所のおでんやさんに子ども頃を思い出す
静岡人も多いのです。静岡の「懐かしの味」体験といったところです
ここで出していただいた日本の風物詩、「かき氷」も珍しかったようです。
暑い日でしたので、ここでも嬉しいおもてなしでした。
おでんの小川さん①07312014   おでんの小川さん②07312014


Field-to-Table Tourの最後に訪れたのは、前田金三郎商店です
茶市場などで、取引された荒茶は茶商さんたちに購入され、
製茶工場にて製茶され、パッケージされると、いよいよ商品として販売されるのです。
前田金三郎商店(通称:前金さん)では、まずは製茶工場を見学
前田社長の楽しくわかりやすい説明をいただきました
ここでも多くの質問が飛び交ったことは言うまでもありません。


一日のツアーの最後に、併設されたカフェにて、お茶を使った評判のお菓子「ちゃっふる」
お茶と一緒にいただきました。
この「ちゃっふる」をとても気に入られた方々が熱心に質問されていました。
このお店のオリジナルですから、世界にひとつというわけです かなり感動されたみたいです。
前金さん②07312014   前金さん①07312014


茶畑から一杯のお茶になるまでの工程の数々
、多くの方のこだわりと熱意によって、
手間暇かけて愛情かけて、引き出される一滴の贅沢がそこには詰まっています
これが日本茶の素晴らしさなのだと、私自身もあらためて感激しました


日本から遠く離れたヨーロッパから、このようにお越しいただいたスイスの大学生の皆さま
連絡をくださったShinさん本当にありがとうございました
皆さんの日本滞在の思い出のひとつになったのであれば幸いです。


また、このツアーを受け入れてくださった森内茶園ご夫妻、静岡茶市場の増田社長、
おでんのおがわさん、前田金三郎商店の前田社長、
温かいおもてなしでお迎えくださってありがとうございました


そして、ツアー実現させてくださったそふと研究室の坂野社長
時間をかけて準備くださり、ありがとうございました
多くの方のお陰でツアーが実現できたこと、感謝でいっぱいです

バス内風景07312014

これからも、静岡が誇るお茶の魅力をお伝えしていきたいと思います

by Hiro

スポンサーサイト
通訳案内士  :  trackback --  :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。