FC2ブログ

ふじのくに静岡通訳案内士の会

通訳案内士の仕事および観光情報を発信しています。 お問い合わせはshizuoka-guide@e-mail.jpまで

11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

セレブリティ・ミレニアム号、再び清水に寄港す! 

2000年に新しい千年紀を記念して建造された豪華客船セレブリティ・ミレニアム号が、10月27日に再び清水港にやってきました。まずは、この船の大きさを表すデータからご紹介します。私の撮った写真(素人写真ですみません)でその大きさと豪華さをご想像下さい。
総トン数: 91,000トン
乗客数: 2,158人  乗組員: 999人  全 長: 294m  全 幅: 32m

さて、当日のお客様は、香港とカナダからの30名の団体ツアーの方たちです。皆様は10月26日に東京に集合後、横浜から乗船し15日間のツアーの途中で清水港に寄港しました。ちなみにこのクルーズはその後、神戸―長崎―上海―沖縄―台北-香港と廻り、最終目的地の香港で解散になります。

prudence-1

この日の行程は7:00に下船し、浅間神社―駿府城公園―久能山ロープウェイー三保の松原―河岸の市にて昼食というコースです。静岡市の見所満載の欲張りツアーです。最初に7つの神社を一つの境内に集めた駿河の国総社である浅間神社にお参りしました。ここでは、手水でお清めの後、思い思いの願いをお祈りしてもらいました。何といってもそれぞれ御利益の異なる7社が集まっているのですから、こんな全能の神社は日本広しといえども他には類をみません。
その後、徳川家康が幼少期と引退後の日々を過ごした駿府城を訪れました。江戸時代は重鎮しか使用を許されなかった東御門から入城しました。守りに優れた城の構造や家康が静岡を隠居城に選んだ理由などについて興味を持って聞いていただきました。

prudence-2

静岡市の中心部を後にして、バスは一路、日本平へと向かいました。その間、富士山の折り紙や富士山の歌で、車内は大いに盛り上がり、そうこうするうちに日本平ロープウェイ乗り場に到着しました。ロープウェイの窓越しに駿河湾や伊豆半島、眼下にイチゴハウスを見ながら、5分間の空中散歩を楽しんでいただきました。国宝東照宮は二代将軍秀忠が家康を祭ったところです。またここには家康が尊敬する中国の3賢人や司馬温公の甕割りのエピソードの彫刻が拝殿を飾っていることをご説明すると、皆様一様に驚かれ感激している様子が伺われました。

prudence-3

日本平から清水港に停泊中の船を眺めて、バスは昨年世界遺産の構成資産となった三保の松原に向かいました。ここは羽衣伝説とフランス人舞踏家エレーヌ・ジュグラリスの碑があることで有名です。また駿河湾越しに富士山を眺める絶好の場所でもあります。幸い、午後から姿を現した富士山を堪能していただきました。
ツアーの最後は、本日のお楽しみ、フィッシュマーケットのある「河岸の市」でのランチタイムです。ここでは、駿河湾でとれる新鮮なシラスや桜エビを食べることができます。また、マグロ水揚げ量日本一の清水港から直送されるおいしいマグロを目当てに連日多くの人で賑わっています。この日は、その場で切り分けてもらったマグロや生カキなどを市場内で楽しまれる方もいて、大満足のランチとなりました。
2:20に皆様を船にお送りしました。お一人お一人と握手をして航海の無事をお祈りし、ツアーは終了しました。皆様,異口同音に、楽しいツアーであったと労いの言葉をかけて下さりました。
今回のツアーは、英語と中国語が飛び交うなか、終始笑顔の絶えない和やかな雰囲気につつまれて、楽しいガイディングとなりました。また、共通の漢字を媒介にしたご案内をしたところ、一気に親近感がわく場面もありました。静岡の魅力は、1日では紹介しつくせませんが、いつかまたサイチェン「再会」したいものと心に念じ、お見送りしました。 

By Prudence
スポンサーサイト
通訳案内士  :  trackback --  :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。