FC2ブログ

ふじのくに静岡通訳案内士の会

通訳案内士の仕事および観光情報を発信しています。 お問い合わせはshizuoka-guide@e-mail.jpまで

11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

「国際カンキツバイオテクノロジーシンポジウム」見学ツアー 

11月好日、『第3回国際カンキツバイオテクノロジーシンポジウム』 が
清水マリナートで、4日間開催されました。
参加者は20国以上から公的研究機関、大学、柑橘生産者、輸出入関係者と
様々な業界の専門家、“カンキツのエキスパート達”が世界から静岡市清水区の
会場に大集合です。

私達は、最終日にエキスカーションで『みかん農園』見学、『選果場』ハイテク設備
見学のバスツアーのお供をさせていただきました。
2台の大型バスにJR清水駅にて分乗し、まずは清水区の「はるみ農園」です。


「はるみ」は興津の果樹研究所で生まれた甘くてジューシーなみかんで、
春を予見させる味と香りから「はるみ」と命名されたとか・・
みかん王国・清水の期待の星です。
個人的にも大好きなみかんで、また毎年、「はるみ」を楽しみに待っている身内の者が県外にも多数おります。

柑橘はるみ農園


「はるみたち」は白いフェンス囲いの中で大事に手間暇かけて育てられています
見るからに甘くておいしそうです!
参加者たちは、現場で「はるみ」を前に講師の先生にいろんな質問を投げかけていました。
テクニカルタームが飛び交う中、また色々なお国の特有のアクセントの英語の質問にも
的確に応答されている博士のご様子を垣間見て、“さすがプロフェショナル!“と敬服です。

バスは次の目的地、浜名湖に向かい西に西に。 
このツアーでは、1時間半ほどの距離を2台のバスで、往復する行程ですので、
できるだけ共通のご案内ができるように、またサービス内容に差がないように、
担当ガイド同士で事前に打ち合わせを行いました。
車中で、いつもの“フュージョン余興“に加えて、清水インターから、東名高速、静岡県紹介、
東部中部西部の特徴から富士山、次は、大井川にさしかかると
江戸時代歴史のブリーフィングです。
牧之原エリアからはお茶日本一、防霜ファン、長寿大国、健康の話・・
明治時代になりジョブレスになった侍の茶園開墾話、湖西市と世界の自動車メーカーの話
浜名湖、浜松市・有名企業紹介・・と打ち合わせ通りご案内をしました。

浜名湖
    <ホテルのレストランからの素晴らしいビュー>

次は「浜名湖ロイヤルホテル」でランチです。浜名湖の美しい景色に目を奪われながら、
参加者たちはゴージャスなコース料理のご褒美です。 
まず、ベジタリアンの方々に、ベジタリアンのカードを渡してテーブルにおいてもらう方法をとりました。
間違いなくフードサービスが行き届くやり方です。
食事を済ませバスに次々と戻ってくるお客様に
“Welcome back! How was your lunch?”のお声掛けに、
“Great!” ”Really good!”の笑顔がうれしいです。

選果場みかん
                               <カラーボールが!>

次は最新鋭設備の『JA三ケ日選果場』です。
集出荷選別施設(総床面積は15000平米)の中を簡単にご紹介します。
最新鋭の“光センサー選果機”の導入により、選果能力は1時間に70トンのミカン処理可能。
1日平均、10キロ入り段ボール45000ケースのミカンが出荷できるとか!
農家が登録された、カラーボール(ピンク)にはIDチップが入っておりそれをコンテナーに
入れてラインに乗せるだけで荷口管理ができるという優れ物です。 
品質選別では、『光センサー』で糖度等、また『カラーグレーダー』では大きさ・形状・外観が計測され、
瞬時に1個1個、等級選別できるのです。自動箱詰めから等級別仕分け、ロボット積み込み、
製品在庫はリアルタイムで表示され、すべてコンピューター制御で市場に!!という行程です。
まさに”アメージング!“の連続でした。

私達は、普通入場できない場所にもおじゃまできて、この日のように感激することが数々あり、
本当に通訳案内士冥利につきます。こうした最新鋭施設は、広い敷地にもかかわらず、
人影がほとんど見られないことが不思議な空気感を醸し出しています。
各国からの参加者たちの興奮がその表情から声から伝わり、
「やはり日本って凄いな~」と、私達もなぜか誇らしくなりました。

バスは帰路に着き、静岡駅で多数の帰国予定者が降りられました。
皆さん充実した時間を過ごされたようで「本当にありがとう、ありがとう!」と
開催者に握手を求めておられました。
もう既に暗くなっているのですが、お名残惜しいようで・・・4日間を密に共有したもの同士の
アットホームな素晴らしい雰囲気が伝わってきました。

今回は本当に貴重な機会をいただきました関係者の方々に心から感謝いたします。
ますます美味しい『静岡みかん』を期待しています!! 
                                         By Prudence & Akiko


スポンサーサイト
通訳案内士  :  trackback --  :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。