FC2ブログ

ふじのくに静岡通訳案内士の会

通訳案内士の仕事および観光情報を発信しています。 お問い合わせはshizuoka-guide@e-mail.jpまで

11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

富士ナビゲータ その3 

富士山の植物

富士山御殿場口新5合目周辺は、もともと緑豊かな所だったものが1707年の宝永
山の大噴火による火山灰に覆われてしまったため大きな樹木がとても少ない所です。
樹木が少ない分だけ遮るものがなく富士山のビューポイントとしては此処が最高で
す。保水性が悪いためなかなか植物が育たないこの地に100年計画で緑を復活させ
ようと言う取り組みがいま各ボランティア団体によって行われています。7月24日
には30人ほどのの家族連れボランティアが植樹活動に来ていました。リーダーによ
ると、此処に植えられる植物はほとんどすべてこの地に自生しているバッコヤナギ、
ウリハダカエデ、ミヤマハンノキ、ふじあざみなどで、挿し木や種から一定の大きさ
に育てたのち計画的に植えられているそうです。

バッコヤナギ:
漢字では”婆っ子柳”とも”跋扈柳”とも書くようですが富士山でごく一般に見られ
る植物です。成長が遅い分どっしりと大地に根をはやしているようで、曲がりく
ねっって節くれだったような幹がお婆さんのように見えるからこの名が付いたのかも
知れませんね。そういえば山開きの頃はバッコヤナギがタンポポのような綿毛が飛ば
していましたっけ。
ばっこうやなぎ

ふじあざみ:
富士山周辺に多く見られる事からこの名が付いた日本最大の薊です。フジアザミが生
えているのを見るとサンゴの海のオニヒトデのようでうっかり触るものなら痛い棘の
攻撃に会いそうです。火山灰に深い根を下ろすため土砂崩れを防ぐのに役立ちます。
ちなみにこの根は食べられるそうです。花が咲くのは8月下旬だそうですが、案内小
屋の裏にある一株だけが早々とつぼみをつけていました。
ふじあざみ

しもつけ草:
ちょうど今頃が見ごろの可憐なピンク色の花をつけるバラ科の低木です。登山道をあ
えぎながら登る登山者にとっては一服の清涼剤になるのは間違いありません。
しもつけそう 
阿栗
スポンサーサイト
通訳案内士  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fusion7.blog104.fc2.com/tb.php/32-069d92c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。