FC2ブログ

ふじのくに静岡通訳案内士の会

通訳案内士の仕事および観光情報を発信しています。 お問い合わせはshizuoka-guide@e-mail.jpまで

11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

ホビーショー 

      
静岡ホビーショーにて商談通訳

5月12日から15日に渡って、静岡模型教材協同組合主催による
第50回静岡ホビーショーが、ツインメッセ静岡で開催されました
本大会は1959年の「第1回生産者見本市」以来、50回目を迎えました。
hobby show

静岡市にはタミヤやバンダイといった世界的に有名なプラモデルメーカーがあり、
「模型の世界首都」として、業界をリードしてきました本年度はプラモデル、
ラジオコントロールカー、鉄道模型の国内有名メーカー75社が一堂に会し、
12,13日の業社招待日には世界からバイヤーが集まりました。
14,15日は一般公開日となっていて、全国のモデラーが自慢の作品を持ち
寄る作品展もあり、多くのプラモデルファンで賑わいました。

12日の業社招待日に「ふじのくに静岡通訳案内士の会」から2名がスペイン
バルセロナ市に本社があるT.R.P.社(Technical Racing Products)の商談の
通訳業務を担当しました


当日の朝、静岡駅でアレックス社長と協同経営者のディビッド氏を出迎え、
無料シャトルバスにて会場に向かいました。受付で登録を済ませて、
入場許可証をもらい南館に入りました。南館は主に各メーカーの商談ルームや
商談スペースになっていて、ここで、まずT.R.P.社から会社の概要と
日本側2社との商談の目的の説明を受けました。
TRP

1回目の商談は、沖縄に本社があるRCレーシングカーの会社からの
ドリフトカーモデルの買い付け、2回目は東京に拠点を置く卸業者へのT.R.P社
の製品の販売の依頼が中心となりました。

名刺交換もそこそこに、商談がスタートしました。
専門的な分野の語彙力が要求されるため、
通訳案内士1名が製品の細部の説明を担当し、もう一人が一般的な事柄をフォローしました。
T.R.P社は、「当社は小規模の会社だが、単なるおもちゃではなく、
技術的に優れオタク(この言葉を楽しそうに使っていました。)達のニーズに合う製品を作っている。
また、当社を通して日本の優れたドリフト車をヨーロッパに紹介したい。」
と自信を持って交渉に臨み、この熱意が日本側を動かしたのか、
商談はほぼ当初の目的を果たすことができました

通訳業務に携わった私たちもこの結果にほっとしました
積極的に販売したいという彼らの意欲は、自社製品への絶対の自信が根底にあるのだと思います。
このような接客態度から、自分のスキルに自信を持って、接客することの重要性を学びました。

また、当事者同士はスペイン語と日本語で話し、商談相手とは英語を共通語として話すという
ビジネスシーンに立ち会い、改めて世界のビジネスは英語で動いていると実感しました。


せっかく業社招待日にホビーショーに来れたので、終了後展示を見学しました
RC car

北館では大手メーカーの製品展示、仮設のサーキットではラジコンカーの走行や
RCのヘリコプターの飛行などが行われており、見ているだけでわくわくする光景
が展開されていました。
またドリフト走行の名手の鮮やかなコントロールに、思わず見とれてしまいました
子供だけでなく大人も引き付けるプラモデルの魅力に触れることができました。


来年もここで商談のお手伝いができることを祈って、会場を後にしました。
                        By Prudence and Koji


 

スポンサーサイト
通訳案内士  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fusion7.blog104.fc2.com/tb.php/48-e1ca00b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。