FC2ブログ

ふじのくに静岡通訳案内士の会

通訳案内士の仕事および観光情報を発信しています。 お問い合わせはshizuoka-guide@e-mail.jpまで

11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

ツアー”Experience Mt.Fuji!”に添乗 <1日目> 

富士登山シーズンも終わった9月8日~9日
富士山観光交流ビューロー様主催
モニターツアー”Experience Mt.Fuji!”
通訳案内士として1泊2日同行させていただきました

同ビューローの企画が、
観光庁の「外国人旅行者に対する地域資源意識調査事業」
県内で唯一採択され、実施されたという素晴らしい内容です

8月の募集から申し込まれた在日外国人の方々は、
中国・韓国・インドネシア・アイルランド・ドイツ
とても国際色豊かなツアー

迎えた初日の朝、裾野から雲ひとつない雄大な富士山
私たちを出迎えてくれました
最初は富士宮5合目から宝永火口~樹林帯のトレッキングでしたので、
お天気はこれ以上になく、最高に恵まれたスタートとなりました

富士山5合目に到着までの間、富士山に関するガイドをしていきました
皆さん、とてもニコニコと聞いてくださり、
「富士山の歌」「不思議な石」の話、「富士山の折り紙」などなどの
余興も交えて、楽しい時間を過ごすことができました

富士山模型         富士山説明         富士の石

登山ガイドは、一日二度富士山に登り、その登頂回数で有名な實川さんでした
登山のコツから、景色の解説に至るまでお話いただき、
初めての参加者も安心して歩くことができました。ありがとうございました
5合目から6合目までは登山道と同じルート、ひとときの登山体験です。
そこから宝永火口へ下って行くルートも気は抜けません。
でも、汗をかいた者だけが許される素晴らしい景色のご褒美が待っています

IMG_1545.jpg     IMG_1565.jpg 
樹林帯を森林浴しながら通り、5合目に戻りました。

宝永火口、富士山を後にし、お腹のすいた一行は
農家レストラン「ちゃの生」
地元でも知る人ぞ知る、採れたての野菜の風味を生かした
ヘルシーなランチを、縁側越し、周囲に広がる茶畑などを眺めながら
いただきました。日本の懐かしい原風景と、
若いご夫婦のモダンなセンスのバランスが絶妙な癒しスポットでした

お腹も心も満足した後、富士市岩本の「佐野製茶」さんを訪れました。
そこで富士山が背景という贅沢な景色の中、お茶摘みに挑戦
佐野代表のお話を聞きながら、お茶栽培の手間がすごいことに驚き、
日本の緑茶のクォリティーの高さを体感していただけたように思います。
そして茶畑の真横という立地の「緑茶カフェ」にて
お抹茶・焙じ茶作りの体験をさせていただきました。
茶畑と富士山をバックに、自分で淹れるお茶の味は格別だったのでは

IMG_1618.jpg      DSC_0087.jpg

富士山トレッキングにお茶体験、まさに静岡の醍醐味を体験した後、
今度は心に沁み入る静けさを求めて、禅宗のひとつ黄檗宗瑞林寺
禅宗の中でも黄檗宗は、中国文化の影響が深いと言われています。
珍しい建築様式の山門、裳腰屋根などを眺めながら、池にかかる橋を渡り、
まずはが地蔵菩薩祭られるお御堂を参拝。住職様の解説を聞きました。
この時点でもすでに厳かな雰囲気がただよっていました

さあ、いよいよ本堂での座禅体験です。日本人でも緊張します。
足は無理せずに組み、まずは自分にとって心地良く座れるポジションを確認。
そして集中、瞑想に入って行きます。。。
自然体であるがままを受け入れる・・・こんな解釈で良いのでしょうか
黄檗宗では、打たれたい人が合掌をして合図をすると、
背中をビシっバシっと打ってくださる、自己申告制(?)なのだそうです
参加者の皆さまにとって、大変貴重な体験だったと思います
自宅でも瞑想はできるというお話でした。
座禅の一般参加を受け入れているお寺もあるので、是非また参加してみたいです

瑞林寺お御堂への橋    IMG_1637.jpg    瑞林寺本堂

身も心もすっきりと瑞林寺を後にし、ホテルにチェックインです。
宿泊は「くれたけイン富士山」オープンしたばかりの心地良い所でした。
客室から窓を開けたら、ど~んと富士山が見えて感動でした!

ちょっと休憩し、夕食はホテル近くの「魚がし鮨」
新鮮なネタのお寿司をおなかいっぱいいただきました!
最後にさくらえびのかき揚げなども出してくださり、海の幸が満喫できました

贅沢三昧の夕食の後は、食べ過ぎ解消か(?)有志でカラオケへ
国際的なカラオケはとても楽しかったです
中国語の字幕と歌、英語の歌、
日本在住のためか日本の歌に詳しい方も多く、
「どこで覚えるの?」と驚きつつ、一緒に歌ったり。
最後は皆が歌えるカーペンターズの曲でお開きとなりました

朝早く集合、富士トレッキングに始まり、
なかなか忙しいツアーの最後にカラオケ!という
エネルギッシュな一日目でした

~ツアー2日目へ続く~    

                                                                           by Hiro

スポンサーサイト
通訳案内士  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fusion7.blog104.fc2.com/tb.php/58-28e249d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。