FC2ブログ

ふじのくに静岡通訳案内士の会

通訳案内士の仕事および観光情報を発信しています。 お問い合わせはshizuoka-guide@e-mail.jpまで

11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

ツアー”Experience Mt.Fuji!”に添乗 <2日目> 

ツアー2日目の朝
最初に向かったのは田子の浦港
ここで獲れるシラスは日本一の美味しさを誇る!
そのようにご案内して、獲れたての生シラス
「シラスの八幡」にて試食
まさにFresh from the sea Exclusive taste
期待は裏切られませんでした
ぷりぷりのシラス、もう他では食べられませんね

しらすの八幡  茹で立てシラス  ゆでシラス  IMG_1653.jpg

シラスの次は・・・お豆腐です。
それも「十割豆腐」といって材料の大豆100%を使い切り、
副産物であるオカラを出さないという、画期的な製造方法を誇る
その名も「プラウド」という会社です
栄養分がたっぷりというだけでなく、環境にも優しいお豆腐づくり
挑戦しました

IMG_0017 (2)    IMG_0028_20110920174643.jpg

製造工程の説明を受けながらの参加です。
最後は自分のお豆腐をを2つ、自身でパックしてお持ち帰りです
お豆腐の味は濃厚で、人気なのがとてもよくわかります。
豆乳豆腐かりんとうも美味しくて、皆さんおみやげに買っていました

田子の浦港を後にして、富士川を渡り、芝川方面へ向かいます。
バス中はお豆腐のお話、シラスのみならず、名物のサクラエビの話などをするうちに
富士川を渡りました。午後はこの富士川での大イベントが待っているので、
富士川についても紹介
いよいよ次の目的地、芝川温泉が近づいてきました。
バス中、温泉の入り方のご説明を兼ねて、「いい湯だな♪~芝川バージョン
皆で歌って盛り上がりました
前夜のカラオケ成果が出てましたね

  いい湯だな♪     翠紅苑

芝川温泉「翆紅苑」に近づく頃、竹林の多さに目が向けられます。
到着間際に、「かぐや姫のあらすじを絵本を見ながらしました
しっとりとしたお話なのですが、バス中の皆さんとの対話から
何故かコミカルな笑いを誘い、ちょうど到着となりました

「翆紅苑」では、皆さまゆったりと温泉・露天風呂につかり
釜めしを中心とした昼食にまったりとしたひとときを満喫できたようです。
ドイツからお越しの方など、「数日ここに泊ってゆっくりしたい~
とても気に入られたようでした。
確かに、ここだけ時間の流れが違うような気がしました

温泉入り口   温泉   IMG_1690.jpg

さあ、午後は最後のアドベンチャー、富士川ラフティングです
「Natural Action」のインストラクターの皆さまにお世話になりました
日本三大急流の富士川を下る冒険、ドキドキ、ワクワクです
オールの漕ぎ方、流された時、転覆した時などの注意事項を聞いて、
各ボートに分かれていよいよ出発です

DSC_0046.jpg  DSC_0059.jpg  DSC_0061.jpg  DSC_0067.jpg

インストラクターの方々の元気で楽しいノリの良さ
ボート内での団結力見ているだけでも楽しいっ
まるで「なでしこJAPAN」を見るような・・・
「オールあげて」「うぇ~いっ
途中、6mの崖からのダイブへの挑戦もあるんですが・・・
結局全員飛び込んだんですよね!!!
母のような気持ちで
、遠くから眺めておりました
ほんとに「すばらしい~の一言に尽きます。
ツアーの締めくくりに皆さんが見せてくれた、その笑顔は忘れられません

DSC_0077.jpg  rafting.jpg   DSC_0081.jpg   崖からジャンプ

こうして無事に、最後のラフティングも終了し、
皆さんをそれぞれ富士駅・新富士駅へとお送りし、
2日間のツアーが幕を閉じました

富士山五合目   オール上げて!

ご参加の皆さま、ありがとうございました
私自身、皆さんとご一緒できて、とても楽しかったです
かけがえのない貴重な体験をさせていただきました。
静岡にはまだまだ見どころがたくさんあります。
また是非、お立ち寄りください。いつでもお待ちしています

スタッフの皆さま、貴重な機会をいただき、
また大変お世話になり、本当にありがとうございました
今後も静岡県の通訳案内士として、
FUSIONの仲間と共に、研鑽を重ねて、
静岡の良さを楽しくご紹介したいとあらためて思いました

                       by Hiro




スポンサーサイト
通訳案内士  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fusion7.blog104.fc2.com/tb.php/59-0219a4de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。