FC2ブログ

ふじのくに静岡通訳案内士の会

通訳案内士の仕事および観光情報を発信しています。 お問い合わせはshizuoka-guide@e-mail.jpまで

11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

富士登山ナビゲーター2011 

昨年に引き続き今年の夏も行われた富士登山ナビゲーターの活動に、
今年も参加してきました。
遅くなってしまいましたが、その時の様子を簡単にご報告いたします。

ナビゲーターの主な業務は、富士登山者や観光客への装備や登山指導または観光案内です。
通訳案内士としては、主に外国人への通訳案内を期待されてのことでしたが、
日本人の登山者・観光客にも同様に声掛けやチラシ配りを行いました。
富士登山では、深刻なものから軽微なものまで、様々な危険が待ち構えています。
不十分な装備や山に関する知識不足、あるいは自己の体力への過信などがもとで
登山者が大きな事故に巻き込まれないよう、できるだけ多くの方に話しかけるようにしました。
具体的には、「体調が悪くなったら、無理しないで引き返すことも選択肢の1つに
入れてください」とか、「天候が悪くなりそうですが、防寒具は持っていますか?
雨具は持っていますか?」などの内容です。
須走ルートについては、途中で山梨県側の吉田ルートとの合流点があるために、
間違って反対側に下山してしまわないよう、標識等には特に注意を払うようお伝えしました。
逆に山梨県側からこちらに間違えて下山してしまった方々には(外国人のみならず、
少なからぬ日本人の方々も間違って下りてこられます)、励ましたりなだめたりしながら、
山梨方面や東京方面などへの帰り方をご案内しました。

fujisan

須走口5合目で受けた質問で多かったのは、「頂上まではどのくらい時間がかかりますか?」
とか「山頂付近の天気はどうですか?」といったものです。
あとは「近くの温泉を教えてください」とか、植物や昆虫の名前を尋ねる方も
結構いらっしゃいました。
5合目の観光案内所では、定期的に登山道の山小屋に電話をかけて宿泊状況や天候を聞き、
その情報を案内所前のボードに掲示していましたが、「これは助かる」といった声も
多くいただきました。
また、外国人の登山者・観光客の方から受けた質問の中には、
「(晴れた日に姿を現した富士山を指して)あれは何という山なのか?」とか
「ここから上へはどうやって登るのか?」といったものもありました。
通常ポストカードの写真や浮世絵などに描かれた富士山と、5合目から見える富士山の形は
実際かなり違っているため、戸惑われるのでしょう。
また、交通手段は5合目までしかなくそこからは徒歩で山頂を目指すしかないことや、
富士山で現在よく利用されている主要ルートは計4つある、
といった知識は、外国人旅行者にとってみれば
かならずしもあたりまえの事柄ではないのだということも再確認しました。

ナビゲーターとして勤務した2か月間で多くの登山者・観光客の方々と
お話しすることができました。
その中でも、台風が近づいていたある日、たいへんな遠隔地から来られたある登山者との会話は
いまでも強く印象に残っています。その日、5合目はまだ小雨程度でしたが山頂付近ではすでに
暴風雨が吹き荒れ、この方も登山を途中で断念されて5合目に引き返してきました。
「遠くから来られたのに今日は残念でしたね」と声をかけると、この方は落胆どころか
逆に満足しきった表情を浮かべておられ、「いや、これも富士山なんです。
今日は来れて本当に良かった」という言葉を残して帰っていかれました。
この方がその時、「晴れてよし / 曇りてもよし / 富士の山 / もとの姿は / かはらざりけり」
という山岡鉄舟の歌を念頭に置かれていたのかは知る由もありませんが、
私は、ちょうどその頃読んでいた「日本の理想 ふじのくに」という本の中にこの歌が
たびたび引用されていたので、それを思い出しました。
この本の著者である現職静岡県知事の川勝平太氏は、同著作の中で
「富士山は単なる自然ではなく精神性をはらんだ、日本を代表する文化的景観である」
とも語っていますが、
実際に現地で人々との交流を通してそれを実感できたことも、この仕事をやって良かった
と思えた理由の一つです。

fujisan-ame

来年も国内外から多くの人々が富士山を訪れてくれることを祈って、
また日本人共通の心の故郷としての富士山の意味が再認識され、
世界文化遺産への登録が一層進展することを願って、2か月間にわたる勤務を終えました。

By Koji


スポンサーサイト
通訳案内士  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fusion7.blog104.fc2.com/tb.php/64-3a3ef5c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。