FC2ブログ

ふじのくに静岡通訳案内士の会

通訳案内士の仕事および観光情報を発信しています。 お問い合わせはshizuoka-guide@e-mail.jpまで

11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

箱根日帰りツアー 

10月27日 ( 土 ) タイ工業規格の方々を箱根にご案内しました。朝の天気は晴れ。富士山が美しい姿を現すことを期待して浜松を出発しました。静岡県は東西155km、海岸線は500kmもあります。ウナギがおいしい浜松をすぎると茶畑が広がってきました。緑茶生産量日本一の静岡の茶畑です。霜害を防ぐための防霜ファンはちょっと不思議な風景のようです。焼津ICを過ぎると駿河湾が広がってきます。水深2,500mと日本で一番深い湾です。静岡は海の幸が豊富。焼津港は全国一の水あげ量をほこる漁港。まぐろ、かつおはとても新鮮。新鮮な海の幸にかかせないのがわさび。わさびの生産量も静岡は日本一。静岡日本一の話をしながら車は富士山に向かって行きますが空はあいにく曇空に。カメラを片手にシャッターチャンスを待つのですが、富士山はなかなか顔を出しません。 御殿場ICを降りると道はアウトレットに向かう車でいっぱいです。私たちの車はくねくねと曲がった道を箱根町に向かいます。美術館を訪れる観光客を車窓から眺めながら早雲山駅に到着です。標高757m。寒いです。タイの方はマフラーと手袋。準備万端です。ロープウエイに乗って山の斜面をぐんぐん上って行くと、なんということでしょう、一気に白煙上がる広大な景色が真下に広がってきました。迫力満点です。地上130mの空中にいることなど恐れる間もありません。

hakuen

火山活動を眺めながら大涌谷駅に到着です。標高1,044m。さらに寒いです。ロープウエイを降りるとツーンと硫化水素の匂いがしてきます。卵の腐った匂いと言われますが、覚悟していたほどではありません。ゴツゴツした道を歩いて噴煙地を目指します。細い道は観光客であふれています。まさに日本の大観光地です。タイ人の観光客もたくさんいます。タイ語が聞こえれば、「 サワッディー カ タイ人ですか? 旅行ですか? 」などど挨拶を交わします。道にはところどころに沸き上がる源泉があり日本の温泉を身近に感じることができます。

gensen

標高1,059mの噴煙地に到着すると、あたりは顔を覆いたくなるほどの硫化水素のにおいに包まれます。ここで有名なものが黒たまごです。タイの方も黒たまごを楽しみにしていたようで、早速皆で黒たまごを味見します。お塩をかけなくてもほどよくしょっぱいおいしい味。タイの方には辛みが足りないようです。お土産物店を見ながら再びロープウエイに乗って芦ノ湖を目指し桃源台駅に向かいます。桃源台駅の標高は741m。ロープウエイ西側の起点であるこの駅は、船やバスの発着所でもあり大変にぎわっています。海賊船に乗り換えて芦ノ湖遊覧です。

kaizoku

ashinoko

あいにくの曇空で空気も冷たく富士山を眺めることはできません。箱根町港までの遊覧のあとは温かい物でちょっと一息です。箱根町は古くからの温泉町、そして江戸時代に関所が置かれた地です。よみがえった箱根関所を訪れました。江戸時代はタイではアユタヤ時代です。この時代、日本の侍がタイに渡ったことはタイでも良く知られていること。生活様式もその時代のタイの生活様式とよく似ていて親しみを感じていました。

sekisho

関所を見学しているとだんだん日が暮れ始めました。まだまだ夕方5時ですが、タイの夜7時のようです。帰宅しなければと静岡に向かいます。1年のうち富士山を見ることができるのは約3分の1と言われているように、今日はこんなにも近くにいたにもかかわらず一度も眺めることができませんでした。タイから会いに来てくださった方々に姿を現すことはないかなと思っていましたが、途中雪をかぶった富士山の頭がうっすら現れました。感動です。車窓からであっという間ですが、その姿は私たちの目にはっきりと映りました。美しい。その一言です。車は富士山を背に浜松に走って行きました。

今回このような貴重な体験をさせていただく機会を得ましたことに心より感謝を申し上げます。行く先々でタイの方々とお会いすると笑顔で声を掛け合うタイの文化は、心も、街も、全てを温かくしてくれます。出会いは宝、イム サヤーム。

By Kinnaree (タイ語通訳案内士)

スポンサーサイト
通訳案内士  :  trackback --  :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。